選べる12色の貴金属

金属のバリエーション

研究を重ねることで、高純度のプラチナとゴールドだけで12色の輝きが生まれました。
ふたりらしさを大切にした、美しいカラーを見つけてください。

  • Pt999 純プラチナ純プラチナを日々の生活に耐えられる強度に実現しました。
    まじりけのない天然の白い輝き。

  • Pt900 ハードプラチナ通常のプラチナよりも強度を高めたハードプラチナ。
    耐久性に優れ丈夫なのでいつまでも美しく輝き続けます。

  • K24 純金金本来の濃厚な輝きが魅力的な純金。
    歴史を感じる世界最古の貴金属。

  • K22 22金 とても純度が高く、限りなく純金に近い輝きが特徴です。
    純金と比べ、強度が高いのも魅力。

  • K18 イエロー・ゴールド もっともポピュラーなゴールド。
    鮮やかな色合と強度を兼ね備え、バランスの整ったゴールド。

  • K18 クラシック・ゴールド少し赤みがかったアンティークな色合いが特徴です。
    味わい深く珍しいカラーのゴールド。

  • K18 ピンク・ゴールド その優しい色合いは、日本人の肌にとても馴染むカラーです。
    温かみのある美しいカラーゴールド。

  • K18 ロゼ・ゴールド桜色のわらかいピンク色が特徴です。
    男女問わず人気のカラーゴールド。

  • K18 シャンパン・ゴールドほんのり黄色みがかった上品な色味が特徴です。
    軽やかで美しい輝き。

  • K18 ホワイト・ゴールド ナチュラルでやわらかなホワイトゴールド。
    プラチナと比べややグレーで落ち着いた色合いです。

  • K18 ブラック・ゴールド重く深みを感じる輝きが特徴。
    ゴールドから生まれた”黒”はとても色気を感じます。

  • K18 グリーン・ゴールド 明るく爽やかな印象のグリーンゴールド。
    グリーンの輝きが個性的。

仕上げのバリエーション

同じ金属でも、仕上げ方法で全く違った雰囲気が生まれます。 デザインバリエーションを広げ、様々な個性を作り出します。

  • 鏡面仕上げ

    指輪の表面をピカピカに磨き上げ、鏡のように仕上げます。
    結婚指輪・婚約指輪では最も人気のある仕上げです。

  • アンティーク

    表面を荒く磨き、ヴィンテージな風合いに仕上げます。
    アンティークなデザインや、味わい深いデザインにおすすめです。

  • ホーニング

    非常に細かな粒子を吹き付け、マットな質感を作っていきます。
    光沢のないマット感は、とても落ち着いた風合いに仕上がります。

  • ダイヤポイント

    表面をダイヤモンドで磨き、無数の細かい輝きを作っていきます。
    デザインにメリハリを付け、印象的な指輪に仕上がります。

  • ファイン

    きめ細かく研磨し、柔らかな風合いに仕上げます。
    サテン生地のような上品な雰囲気が特徴です。

  • 鎚目

    表面をハンマーで打ち付け、味わい深いデザインを作っていきます。
    叩くハンマーや、打つ際の力の強弱でも様々な模様が生まれます。

  • コンビネーション

    2種類以上の金属を使用し、指輪を作っていきます。
    1色では表現できないデザインを作ることができるので、デザインのバリエーションを広げることができます。
    また、シンプルなデザインでもとても華やかな表情を引き出すことができます。

プラチナについて

プラチナは貴金属の中で最も希少といわれています。
地球上にわずかな量しか存在せず、世界のごく限られた地域でしか採掘できない貴重な貴金属です。
そして変わらない純潔の象徴として、永遠を誓うにふさわしい貴金属として、宝飾の世界で愛用されてきました。
プラチナは日常生活で変質・変色の心配がなく、いつまでも美しく輝き続けます。
まじりけのない天然の白い輝きは、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すといわれています。
またプラチナは他の貴金属よりも比重が重く、適度な重みが肌に優しくなじみます。
RITOEのプラチナは、より安心して身に着けていただくために、強度を高めたハードプラチナを使用しています。
耐久性に優れ丈夫なので、一生身につけることができます。

ゴールドについて

ゴールドは、世界で始めて貴金属として扱われ、装飾品として愛用されてきました。
その歴史は紀元前にまでさかのぼり、何千年も変わることなく人々を魅了してきました。
ゴールドは非常に柔らかく、加工がしやすいという特性があります。
しかし、ジュエリー製品にするには柔らかすぎ、変形したり、傷がつきやすいなどの問題が起こります。
そこで他の硬い金属を加えて、合金にすることでその欠点を解決します。
ゴールドは24分率で表示し、24金が混ぜ物の無い純金です。
ジュエリーでもっともポピュラーな18金は75パーセントがゴールドで、それ以外の金属が25パーセント入っています。
ゴールド以外の金属の調合によって、色が変わるなどの美しい効果があるのも特徴です。

ABOUT RITOE

手作り結婚指輪の素材へのこだわり

手作り結婚指輪の専門店RITOEの、素材へのこだわりについてご説明いたします。RITOEではお客様の様々なご希望に応えるために、指輪に使う素材にこだわっています。指輪作りで使用出来る貴金属は、プラチナとゴールドをお選びいただけます。プラチナは最も希少な貴金属で、日常生活の中での変質や変色の心配がなく、いつまでも美しく輝き続けます。変わらない純潔の象徴とし、永遠を誓うふたりにふさわしい貴金属として、とても人気があります。RITOEのプラチナは強度を高めたハードプラチナを使用しています。ゴールドは、それぞれ個性の異なった5色のカラーをお選びいただけます。ゴールドが91.7パーセント含まれ、とても純度が高い22金。アンティークや味のあるデザインにおすすめです。イエローゴールドは最もポピュラーな黄金色のゴールドです。ピンクゴールドは、日本人の肌にとても馴染み、男女問わず人気があります。ホワイトゴールドは、プラチナと比べややグレーなナチュラルな色合いが特徴です。グリーンゴールドは、明るく爽やかで個性的なカラーです。

電話で相談する
ご来店予約