エタニティリング

永遠の愛を象徴するデザインのエタニティリング。ファッションリングとしても使いやすく、どんなデザインの指輪とも重ねづけの相性がいいです。
婚約指輪をエタニティリングにするカップルも増えています。

エタニティリングとは?

エタニティとは、英語で「Eternity」と書き、「永遠」という意味です。エタニティリングは、0.2カラットくらいの小さめのダイヤをリング全周や一部分に並べたデザインです。婚約指輪は、ご希望に合わせた大きさのダイヤと一粒程度であしらい、プロポーズの際に渡して、婚約期間中のみに身に付けるもの、というイメージが強いのですが、エタニティリングは年齢やファッション問わず、普段使いとしても活用しやすく、名前の通りずっと身に付け続けられるものになります。言葉の意味を加味してもブライダル向きの指輪であり、エタニティリングを選択することも賢い選択肢の一つだと思っております。

エタニティリングのメリット

婚約指輪や結婚指輪はとても素敵なものであり、おふたりの夢が詰まった大切なもの、ともちろん認識してはおりますが、私たちとしては内心、皆様エタニティリングを選択すればいいのに、とも思っております。理由は、結婚指輪や他の指輪とも、何と合わせても重ねづけの相性が良いからです。また、プロポーズし忘れて、婚約指輪をまだ渡していないから結婚式の時に渡したい、といったような男性もいらっしゃいますので、そのような方には、「後出し婚約指輪よりは、後出しエタニティリングの方が良いですよ」と、エタニティリングをおすすめさせていただくこともございます。婚約指輪は、もちろんいつでも身に付けて良いものではありますが、婚約期間中のみという風習もありますので、女性側としては「今もらってもいつつければ良いの?」となってしまいがちだからです。しかし、エタニティリングなら、ファッションとして日常に取り入れることもできます。また、小粒のダイヤを使用しますので、価格を抑えられるという利点もございます。初婚じゃない方の婚約指輪としてもおすすめです。

おすすめのデザイン

手作り指輪のデザインは何でもできてしまいますが、何でもできる中でも、当店はアンティーク系のデザインに力を入れております。ぱっと見おしゃれに見えますし、傷などがついてもあまり目立ちませんので、とても人気です。いわゆる王道の結婚指輪っぽくもなく、手作り感も溢れている上、価格も安く抑えられますので、選ばれる方が非常に多いです。男性側、女性側、どちらからも、選ばれることが多く人気なデザインです。アンティーク系ばかりが人気で、逆にそのことが悩みなくらいかもしれません。

他に、ひねっているようなデザインも得意としております。わかりやすく言えば、メビウスの輪のようなデザインです。メビウスの輪は、「永遠に途切れることがない」という形状から縁起が良いとされていておすすめです。ひねられたデザインも指輪の表情が豊かになるようで、とても人気があります。

また、デザインに制限はございません。結構なんでも融通が利きます。「何でもできますよ」というと、逆に「これが一押し」というものがないことにもなってしまうかもしれませんが、当店は何でもできるというベースがある上で、アンティークのデザインを強めていきたいと思い、おすすめしております。

RITOEの手作りエタニティリング

RITOEは東京表参道の婚約・結婚指輪の手作り・オーダーメイド専門店です。エタニティリングページではエタニティリングを作る際の参考に、デザインや価格をご紹介しています。お客様が作られた作品も随時更新していますので、RITOEのエタニティリングギャラリーをぜひ楽しんでください。最近では婚約指輪をエタニティリングにするカップルが増えています。大きなダイヤモンドが付いた婚約指輪は「婚約期間に身に着けるもの」「もったいないから結婚式などパーティーの時だけ」などの理由で、結婚してから着けていないという方もいます。宝飾店の私達としては毎日着けていただきたいと思っておりますが、身に着けるタイミングが限られてしまうと思われていることも事実です。そこで、普段使いのしやすいエタニティリングの人気が高まっています。エタニティリングの特徴としまして、ファッションリングとしても使いやすい、どんなデザインの指輪とも重ねづけの相性がいい、飽きのこないデザインなどがあります。RITOEではエタニティリングの手作りも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

電話で相談する
ご来店予約