手作り結婚指輪の素材 | 手作り結婚指輪・オーダーメイド工房のRITOE(リトエ)東京表参道

手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

カテゴリー :

2020.09.12

プラチナの結婚指輪をご紹介

手作り結婚指輪のプラチナ(Pt950)完成品

結婚指輪といえば、プラチナを思い浮かべる方はとても多いです。
事実、手作り結婚指輪のRITOE(リトエ)でプラチナ(Pt950)を選ばれる方は約80%となっています。
プラチナの魅力は、純粋な白色に輝き、日常生活での変色や変質の心配もないので、美しい白さをいつまでも保ちます。
プラチナと輝きが似ている金属でシルバーがあります。
シルバーはプラチナと違い、大気中で変色してしまうので、時間と共に劣化していってしまいます。
同じく似た輝きのホワイトゴールドがあります。
ホワイトゴールドは、もともとはゴールドなので黄金色です。
ゴールドに白系の金属を足してプラチナに似た輝きを作っていきます。
しかし、そもそもが黄金色だっただけに、白い輝きを作ることには限界があり、プラチナのような純粋な白い輝きとは違ってきます。
科学的に安定した素材であるプラチナは、日本の結婚指輪で最も人気の金属です。

・プラチナの希少性

プラチナは、この広い地球上でも限られた地域でしか産出されません。
希少性がとても高く、有史以来、人類が手にしたプラチナをすべて合わせても約7,000トンと言われています。
これはゴールドの1/30の量になります。

・Pt950とPt900の違い

プラチナの結婚指輪はPt950またはPt900のものがほとんどです。
これは純度のことを記していて、Pt950は純度95%、Pt900は純度90%です。
RITOEでは主にPt950のプラチナを使用しております。
95%をプラチナで、残りの5%はパラジウムとルテニウムが入っています。
意外と知られていませんが、一般的なプラチナの結婚指輪はK18よりも柔らかいことがあります。
柔らかいことで、小傷が付きやすかったり、曲がってしまう恐れがあります。
一生物の結婚指輪では、しっかりと強度を高めたハードプラチナをおすすめしています。
ハードプラチナとは、残りの5%のプラチナ以外の貴金属にルテニウムを配合することで強度を高め作ることが出来ます。
プラチナには国際基準が定められています。
プラチナ・ギルド・インターナショナルによって、Pt950(純度95%)以上のでなければプラチナジュエリーとして認められません。
このことから、海外入ブランドではPt950が主流になっています。
日本のISO基準ですと、Pt850(純度85%)以上であればプラチナジュエリーと認められます。

・おすすめのプラチナ結婚指輪

キノエ

結婚指輪といえばこのデザインをイメージされる方は多いと思います。
最もシンプルな甲丸リング。
時代や流行に左右されないシンプルなデザインは、結婚指輪で最も人気があります。
シンプルなデザインだけに、金属そのものの輝きを楽しむことが出来ます。
手作りやオーダーメイドでも、あえて最もシンプルな甲丸リングを選ぶ方が多いです。

ファセット

ランダムにカクカクしたファセット調の結婚指輪。
面が複数できるので、キラキラした印象でミラーボールのような輝きがあります。
カジュアルでファッション性も高く、人気のデザインです。

メイル

永遠につづく波をイメージしデザインされた結婚指輪。
三つの流れから出来たデザインで、シンプルなデザインでありながら、指元でしっかりと主張します。
ダイヤモンドとの相性も抜群なデザインです。

ミルキーウェイ

天の川をイメージしてデザインされた結婚指輪。
右上がりのひねりデザインは、指輪と指が調和し、指元を美しく見せます。
丸みのあるデザインの中に、所々シャープな印象を作り、全体の流れを演出しています。

ユニオン

男性はシンプルな平打ちリング。
プラチナが、まさに鏡のように輝きます。
女性はダイヤモンドを半周に留めたハーフエタニティリング。
エタニティリングは結婚指輪だけでなく、婚約指輪として選ぶ方が増えています。
プラチナはダイヤモンドとの相性が良く、ダイヤモンドを最も輝かせる金属と言われています。

電話で相談する
ご来店予約