2020 | | 手作り結婚指輪・オーダーメイド工房のRITOE(リトエ)東京表参道

手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

アーカイブ : 2020年

2020.03.18

一生物の結婚指輪。金属アレルギーの人でも安心な指輪の素材は?

皆さんは『金属アレルギー』というものをご存知でしょうか?アレルギーと言えば、食品に関するものが有名で、何らかの食べ物を口にして体内に取り込むことでアレルギー症状が出る…ものだと考えている方も多いのではないでしょうか?
しかし、アレルギーというものは「食品を食べる」といった具合に、口から何らかを取り込むことが発症原因ではなく、指輪をつける…ネックレスを身につける…など、ファッションのためにアクセサリーを身につけることで発症することがあるのです。特に近年では、普段の生活の中でさまざまな金属製のアクセサリーを身につける人が増えていますので、金属アレルギーを発症してしまう方が増加していると言われています。金属アレルギーの怖いところは、昔はアクセサリーを身につけても何ともなかった人でも、大人になって何かを原因に突然発症してしまい、指輪やネックレスを身につけた時、金属が触れた部分の周辺が赤くただれてしまう…なんて症状が出てしまうことがある点です。
さらに困ってしまうのは、結婚を控えている方について、大切なパートナーから頂く婚約指輪や結婚指輪に関しても、常に身につけたいと考えても、アレルギーが出てしまうと使えなくなってしまう可能性があるのです。そこで今回は、金属アレルギーを持っている方でも、安心して身につけられる指輪の素材はどのようなものがあるのかについてご紹介します。

そもそも金属アレルギーとは?

それではまず、金属アレルギーがどのようなものなのかを簡単にご紹介しておきましょう。金属アレルギーは、その名称から分かるように、金属に反応するアレルギーで、症状としては「かゆみ・発疹・かぶれ・水泡」などがあります。
金属アレルギーが出てしまうケースはさまざまで、アレルゲンとなる金属が使われた指輪やネックレス、ピアスなどを身につけた時、金属周辺の肌に前述のような症状が出てしまうのです。こういったアクセサリーに関しては、肌の上から身につけているだけですので、「体内に何かを取り込むわけではないのになぜアレルギー症状が?」と疑問に思ってしまう方も多いかもしれませんね。
もちろん、皆さんが普段から良く身につけている金属製のアクセサリーに関して、単純に身につけただけでアレルギーが出るわけではありません。金属による接触アレルギーは、金属製のアクセサリーを身につけている際に汗をかいてしまった時、その汗と金属が反応してしまうことによって発症するのです。金属の中には、汗などの体液に触れることで溶け出してしまう性質を持つものがあり、それがイオン化して身体のタンパク質と結びついてしまうのです。そうすると、それがアレルギー源となってしまい、かゆみやかぶれ、ただれなどの症状を引き起こすのです。
特に注意が必要なのは、ファーストピアスを開ける時で、この時にはピアスの金属が直接血液に触れることになりますし、金属アレルギーを発症してしまう可能性が高いと言われています。特に自分でピアスホールを開ける場合、安いピアスを使ってしまうと、イオン化しやすい金属が使われているケースが多いため、発症確率が高くなると言われています。

金属アレルギーの方でも安心な指輪の素材は?

金属アレルギーがどういったものかはわかっていただけましたね。金属アレルギーは、上述したように、もともと持っていなかった人でも大人になって突然発症してしまうこともあるのです。最近では、日本人の10人に1人は金属アレルギーを発症していると言われていますし、誰もが「私は関係ない…」などということはできないものなのです。さらに、こういったアレルギー症状に関しては、一度発症してしまうと、治ることはほとんどないと言われていますので、「どうやってアレルギー源を避けるのか?」が重要だと覚えておきましょう。
ここでは、金属アレルギーの方でも安心して使える指輪の素材をご紹介しておきますので、結婚を控えている方で結婚指輪などにお悩みの方は是非参考にしてください。なお、自分のアレルギー源が何なのかは、皮膚科などで調べてもらえますので、ぜひ一度調べてみましょう。


  • 金属アレルギーの心配がない素材としてまず挙げられるのは『木』です。指輪などの素材としてはあまり適していない…と思う方が多いかもしれませんが、実は独特な木目模様が美しい『木』はアクセサリーの素材としても高い人気があるのです。さらに、同じ木を素材としても色味や模様がそれぞれ違ってきますので、世界で一つだけの結婚指輪を作れるというメリットもあります。
  • チタン
    チタンも金属アレルギーの方が安心して使用できる素材です。チタンは医療器具などにも利用される金属で、金属アレルギーを引き起こしにくい素材として有名です。また、変色しないという特徴を持っているため、永遠の愛を誓う結婚指輪の素材には非常に適していると言えるのではないでしょうか。
  • ジルコニウム
    次は『ジルコニウム』です。若い人の間では指輪の素材として非常に人気が高くなっています。ジルコニウムは、アルカリ性に非常に強い性質を持っているため、金属アレルギーを発症しにくいのです。また、美しい虹色のグラデーションを発色させることができますので、オリジナリティを出したいと考えている人にはオススメです。
  • イリジウム
    あまり聞いたことが無いかもしれませんが、『イリジウム』という金属もとても安心な素材です。この金属は、酸にもアルカリにも溶け出さない特徴を持っているため、金属アレルギーの心配はほとんどありません。また、非常に硬度が高いという特徴を持っており、毎日常に身につけていても、ほとんど傷の心配がないと言われるため、結婚指輪の素材にピッタリなのです。ただし、イリジウムは非常に希少性の高い金属で素材的には高価なものです。そのため、指輪の素材として取り扱っているブランドはほとんどなく、基本的にオーダーになると考えておかなければいけないでしょう。

まとめ

今回は、金属アレルギーの方でも安心して身につけられる指輪の素材についてご紹介してきました。この記事でもご紹介したように、金属製のアクセサリーを身につける機会が増えた現在では、日本人の10人に1人は金属アレルギーを持っている…と言われるほど、一般的な皮膚疾患となっています。したがって、結婚指輪などを作る時には、常に身につけておくものとなるため、アレルギー症状が出ない素材を選択するようにした方が良いでしょう。
自分のアレルギー源が分からない…という方がいれば、指輪作りの前に皮膚科などに足を運びアレルギー検査をしておくのがオススメです。何も考えずに購入してしまうと、せっかく購入した結婚指輪が身につけられない…なんてことになってしまう危険があるのです。

2020.02.15

意外と知らない豆知識。結婚指輪と婚約指輪の違いってなんだ?

今回は、今さら聞けないジュエリーの豆知識として、婚約指輪と結婚指輪の基本的な違いについてご紹介していきたいと思います。

これから大切なパートナーへ「プロポーズを…」と考えている男性であれば、どんな婚約指輪を用意すれば良いのかと気になっている所ではないでしょうか。しかし、男性からすれば、あまり宝石やジュエリーを身につけることもなく、普段の生活の中で意識することが少ない人が多いため、婚約指輪や結婚指輪に関する知識を持っていないという人も多いのではないでしょうか。
さらに中には「そもそも婚約指輪と結婚指輪って何が違うの?両方用意しなければいけないものなの?」なんて疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。そこで今回は、今さら聞けない、婚約指輪や婚約指輪の基礎知識や、両者の違いなどについて簡単にご紹介していきたいと思います。

婚約指輪と結婚指輪は何が違う?

それではまず、結婚を控えた方が用意すべき指輪と言われている婚約指輪と結婚指輪の基本的な違いについて考えてみましょう。両者の違いは、それぞれが何のために用意されるものなのかを考えればわかりやすいと思います。

婚約指輪とは?

まずは婚約指輪の基礎知識からご紹介しましょう。婚約指輪は、一般的に男性が女性に結婚の申し込みを行う際にプレゼントする指輪として有名で、テレビドラマなどで男性がプロポーズの際に指輪を渡しているシーンは誰もが見たことがあるでしょう。

この婚約指輪は、プロポーズして「結婚の約束をした証」や「これから結婚することを誓う」という意味を持った指輪で、基本的に男性から女性へ贈るものとされています。要は『婚約した』という目に見えない約束事に関して、目に見える形で示すために贈るものだと言えるでしょう。
男性が送る婚約指輪は、普段の生活の中で使用するジュエリーとしての役割よりも、婚約の証や記念品として扱われることが多いため、どちらかというとデザイン重視になっているものがほとんどです。一般的にはセンターダイヤと呼ばれる、大きなダイヤモンドを中央に留めているデザインの指輪が多いです。

結婚指輪とは?

次は結婚指輪の基礎知識についてです。婚約指輪が「結婚を約束した証」なのに対し、結婚指輪はその名称通り「結婚した証」となる指輪です。

結婚指輪の場合は、男女間で愛を誓うための指輪となりますので、結婚式において二人の誓いの証として交換するのが一般的です。また、結婚後は既婚者である印として、夫婦で常に左手の薬指に身につけて生活することが多いです。そのため、日常生活の中でも指輪が邪魔にならないよう、飾りを控えめにしてシンプルなデザインになっているのが一般的と言えるでしょう。
結婚指輪は、結婚式のメインイベントとなる指輪交換に使われることになりますので、ほとんどの夫婦が購入することになります。

婚約指輪と結婚指輪の相場について

婚約指輪と結婚指輪は、それぞれが持つ意味が異なるということが分かりました。それでは、それぞれの指輪を用意する場合にかかる費用相場についても考えてみましょう。

婚約指輪の相場とは?

婚約指輪は「お給料の3か月分!」なんて言い回しがあるように、かなり高額なものだとイメージしている人も多いかもしれませんね。しかし最近では、そこまで高額な婚約指輪は用意しないという人も増えていると言われています。結婚情報誌ゼクシィが公表しているデータによると『婚約指輪の平均価格は35万9000円 』となっており、現在ではお給料の1か月分程度となっているようです。最も多い婚約指輪の価格相場では、30~40万円の間と言われています。

結婚指輪の相場とは?

それでは結婚指輪は?というと、そもそも結婚指輪に関しては、夫婦で交換するものですので、2人でお金を出し合って購入する人も多く、男性側だけに負担が来るわけではありません。
こちらも、ゼクシィが公表しているデータをご紹介しますが、二人分の結婚指輪の平均価格で24.3万円というのが相場だそうです。ちなみに、夫婦の指輪ごとの詳細を見てみると、夫側が11.2万円、妻側が13.3万円となっているのですが、これは女性の指輪にはダイヤモンドなどを飾ることがあるため、夫側の指輪よりも少し割高になることが多いためです。

参考資料:ゼクシィ結婚トレンド調査

婚約指輪と結婚指輪を用意するタイミングは?

最後はそれぞれの指輪を用意するタイミングについてです。当然、婚約指輪と結婚指輪は同じタイミングで用意するわけではありません。

婚約指輪を用意するタイミング

一般的にですが、プロポーズを決意した男性がプロポーズ前に用意するのが一般的です。他には結納前に用意するという意見も多いようです。

婚約指輪を用意する時の注意点としては、サプライズを考えて女性に内緒で指輪を用意する場合、サイズがフィットするのか、女性の好みのデザインなのかということが重要になるということです。サイズに不安がある場合などは、後で手直しできるよう「サイズ直し無料」などのサービスを利用しておくのがオススメです。
なお最近では、サプライズで指輪を渡すのではなく、女性と一緒に好みのデザインの婚約指輪を選ぶというパターンや、オーダーメイドで世界に一つだけの婚約指輪を作るというパターンが増えています。せっかく婚約指輪を贈ったのに、サイズ違いやデザインでガッカリさせないためには、こういった選び方もオススメです。

結婚指輪を用意するタイミング

結婚指輪に関しては、挙式まで6ヶ月前後になった時点で用意するカップルが最も多いと言われています。この時期になると、具体的な結婚式の話し合いもスタートしていますし、指輪交換に関する話も出てきますので、指輪選びも進めやすいのでしょう。
結婚指輪は上述したように、ふたりでお金を出し合って購入するのが一般的となりますので、購入時も相談してデザインなどを決めるのが一般的です。

まとめ

今回は、今さら聞けない婚約指輪と結婚指輪の違いやそれぞれの基礎知識をご紹介してきました。男性側からすると、普段ジュエリーや宝石に興味を持つ人も少ないため、いざこういった指輪を選ぶときにはどういった物を選択すれば良いのかさっぱり分からないと困ってしまう人も多いです。特に、既製品の指輪から選ぼうと思いジュエリーショップに行ってみると、たくさんの指輪が所狭しと並んでいるため、どれがパートナーの好みなのか探すだけでも嫌気がさしてしまう…なんてことも珍しくないのです。
そういった方にオススメなのが、オーダーメイドで婚約指輪や結婚指輪を作るという手法です。オーダーメイドであれば、細部までお二人の好みに合わせて世界に一つだけの記念の指輪を作ることができますし、贈った指輪のサイズが合わなくて大変なことになる…なんて心配もありません。さらに専門家のアドバイスのもと指輪を作っていくことができるので、一生物となる指輪には最適な選び方だと思いますよ。

2020.01.16

臨時休業のお知らせ

2020年1月16日(木)〜1月17日(金)を臨時休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどをお願い申し上げます。
なお、1月18日(土)からは、通常営業となっております。

どうぞよろしくお願いいたします。

2020.01.15

よくあるジュエリートラブルの対処法。指輪が抜けなくなった時はどうする?

今回は、ジュエリー関連によくあるトラブルとその対処法についてご紹介したいと思います。

皆さんは、毎日身につけている指輪に関して、「ちょっときついかな?」と思いながらはめた指輪が抜けなくなってしまった…なんてことや、朝はすんなり入った指輪が夕方に外そうと思っても抜けなくなってしまった…という経験はありませんか?
実は、こういった『指輪が抜けなくなる』というトラブルは、ジュエリー関連のトラブルの中でも特に多く、SNSなどでも「指輪が外れない、助けて…」といったメッセージがつぶやかれていることは少なくないのです。こういったトラブルは、年齢に関わらず多くの女性を困らせてしまう問題となりますので、指輪が抜けなくなってしまった時の対処法は頭に入れておくのがオススメです。

そこで今回は、万一の時に焦らなくて良いよう、指輪が取れなくなってしまう主な原因や、その場合の対処法をご紹介したいと思います。

指輪が抜けなくなる原因は何?

それではまず、身につけていた指輪が抜けなくなってしまう原因についてご紹介しましょう。そもそも、身につけている指輪に関しては、はめる時には問題なく入っているわけですので、外れなくなるのはなぜだ…理屈に合わない…と不思議に思う人も多いでしょう。しかし、以外と単純な理由で指輪が抜けなくなってしまうことがあるのです。

指がむくんでしまう…

まずは、最も単純な理由で、「指がむくんで太くなってしまった…」というパターンです。これは、指輪が抜けなくなってしまうトラブルの原因として最も多いと言われています。夕方に仕事を終えて家に帰ると、足がむくんでしまって…なんて話はよく耳にすると思いますが、実は手の指というのは、足と同じように非常にむくみやすい場所と言われているのです。
特に女性に関して言えば、ホルモンバランスの変化がむくみにつながると言われており、妊娠中の方の多くは、むくみによってお気に入りの指輪が入らなくなってしまった…という経験をすることが多いと言われています。このようなむくみは、ホルモンバランスの変化によって、体内に水分をため込んでしまいやすくなることが原因だそうです。
他にも、アルコールの過剰摂取や食生活の乱れ、仕事などからくるストレスなどもむくみの原因と言われていますので注意が必要です。

体型が変わってしまった…

次は結婚指輪など、長年身につけていた指輪が外れなくなる…というパターンです。長年着用する指輪の場合、体型自体が購入当初と変わってしまい外れなくなる…ということが起こるのです。
このような場合には、昔購入したほとんどの指輪がきつくなっている可能性があるのですが、そういった物を無理にはめるのもあまりオススメできません。入るには入ったが抜けなくなってしまった…というトラブルは、きついと思いながら指輪をはめた…というパターンが多いのです。お気に入りの指輪であれば、素直にサイズ直しに出すのがオススメです。

指輪が抜けなくなった時の対処法は?

それでは、実際に着用した指輪が抜けなくなってしまった場合の対処法をご紹介していきましょう。抜けなくなった原因が異なれば、対処法も異なりますので、原因別にご紹介しておきます。

むくみが原因ならむくみを取る

指輪が抜けなくなってしまった原因が『むくみ』によるものであれば、むくみを取ってあげることが対処法となります。以下に代表的なむくみの取り方をご紹介しておきます。

  • グーとパーを繰り返す
    最も単純な方法がこれです。両手を前に突き出し、じゃんけんのグーとパーを繰り返し行う運動です。これを行うことによって、指の血行も良くなりますのでむくみが解消される場合があるのです。
  • むくみ解消のツボを押す
    これもむくみ解消方法として有名です。指のむくみは『合谷(ごうこく)』と呼ばれるツボを押すのが効果的と言われていますので、このツボを押してみましょう。場所は、親指の付け根と人差し指の付け根の延長線上にあるくぼみ部分です。このツボを、10秒程度優しく押して離すという行動を繰り返すことによって指のむくみが取れると言われています。

上記対策でも抜けない場合

指輪が抜けなくなってしまった場合で、上記のようなむくみ解消対策を行ったのにもかかわらず、どうしても抜けない…なんて場合は以下のような対策を試してみましょう。

  • 石鹸などで滑りやすくする
    石鹸やハンドソープ、食器洗剤などを使う方法があります。この手法は、指輪と指の間に泡が良く馴染むように泡立て、よく馴染んだらゆっくりと指輪を回しながら指先に向かって引っ張るという方法です。これで意外と簡単に抜ける場合が多いです。ちなみに、この方法は指輪を滑りやすくするための方法ですので、ハンドクリームなど滑りやすくなるものなら何でも構いません。ただし、宝石や金属の種類によっては、劣化を進めてしまう場合があるので注意しましょう。
  • 糸を使う
    この方法は、SNSなどでも良く出回っている方法で、非常に有名です。文字で説明するよりも、実際の方法を見た方が早いので、以下の動画を参考にしてみてください。

指輪が抜けなくなった場合には、上記のような方法を試してみましょう。
それでもどうしても抜けなくて、指が痛くなってきた…なんて場合には、ジュエリーショップや病院にすぐに相談してみましょう。この場合、指輪を切って外すことになるのですが、すぐに外してもらうことが可能です。なお、抜けなくなった指輪の対処は消防署でも行ってもらえるそうで、消防署に行けば24時間いつでも指輪を切断をしてもらうことが可能です。近くにジュエリーショップが無い…病院は大げさだし…なんて場合は、近くの消防署に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ジュエリートラブルの代表「指輪が抜けなくなって困った…」時の対処法をご紹介してきました。普段から何気なく身につけている指輪ですが、ちょっとした体調の変化などで指がむくんでしまい、いつもは簡単に抜ける指輪が全く抜けなくなってしまう…なんてことが起こるのです。特に女性に関しては、ホルモンバランスの関係もあり、むくみやすい人が多いので注意が必要でしょう。

実際に、指輪を取ろうと思った時に、全く抜けなくなってしまった…なんて場面に出くわすと、焦ってしまう人も多いことでしょう。しかし、本稿でご紹介したような、指輪が抜けなくなってしまう原因やその対処法を知っておくことで、落ち着いた対応ができるようになると思います。ぜひ、この記事でご紹介した内容は、頭の片隅にでも入れておきましょう。

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE
電話で相談する
ご来店予約