常に身に着ける結婚指輪だから注意したい!日常生活でジュエリーが傷ついてしまう原因 | | 手作り結婚指輪・オーダーメイド工房のRITOE(リトエ)東京表参道

手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

2020.04.15

常に身に着ける結婚指輪だから注意したい!日常生活でジュエリーが傷ついてしまう原因

今回は、一生身に着けるジュエリーとなる結婚指輪について、普段の生活の中で指輪が傷ついてしまう原因をご紹介したいと思います。近年では、ファッションのためにさまざまなアクセサリーを身に着けるのが当たり前となっています。特に大切なパートナーと一生の誓いとして作る結婚指輪に関しては、普段の生活の中でも常に身に着けておく方が多いですし、気づかないうちに傷ついてしまい、購入時の輝きが失われてしまっている…なんてことも多いはずです。

ジュエリーは、金属と宝石で作られているものですので、特に気にせずにいても一生その美しさを保ってくれると考えている人もいるのですが、実はその考えが大間違いなのです。皆さんの何気ない普段の生活の中には、ジュエリーを傷つけてしまう危険がたくさん潜んでいますので、この記事では、ジュエリー使用時の注意点をご紹介します。

結婚指輪を守るため。日常生活での注意点

それでは、普段の生活の中で注意しておきたいジュエリーの美しさを損ねてしまうポイントについてご紹介していきましょう。

あまり意識する方はいないのですが、普段の生活の中にはジュエリーの汚れや傷の原因がたくさん潜んでいるのです。特に、常に身に着ける方が多い結婚指輪に関しては、知らないうちに汚れが付着し、本来の輝きが失われてしまっている…ということが非常に多いです。
以下でいくつかの注意ポイントをご紹介しますので是非頭に入れておきましょう。

ジュエリーが傷ついてしまう原因

普段の生活の中で注意しておきたいのは、ジュエリーに傷が入ってしまうということです。特に、常に身に着けている結婚指輪などは、知らないうちに傷だらけになってしまっている…ということも多いので注意が必要です。「金属だから大丈夫!」などという考えは大間違いで、素材によっては硬い物に少し当たっただけでも簡単に傷が入ってしまうことがあるので、注意しなければいけません。

例えば、食器洗いなどの水仕事の際、お皿にジュエリーが当たるだけで傷が入ってしまう場合がありますし、硬い金属たわしやクレンザーを使用する家事などは特に注意が必要です。結婚指輪は「なくしたくないから…」などと考えて、家事の際も常に身に着けておくという方が多いですが、指輪に硬い物が当たるとわかっている作業を行うときには外しておくのがオススメです。指輪以外にも、ブレスレット関連に関しても家事の際にぶつけてしまう可能性がありますので、外しておくようにしましょう。

ジュエリーが変形してしまう原因

次は、結婚指輪やお気に入りのファッション指輪などが「変形してしまった…」となってしまう原因です。金属製のジュエリーは、とても硬いというイメージがあるため、普段の生活で指輪が変形してしまうような場面は、中々イメージできない人が多いと思います。しかし、金属が細く加工されている指輪などに関しては、瞬間的に強い力が加わることで、意外と簡単に変形してしまう場合があるのです。

日常生活上で考えられる場面でいえば、電車のつり革や手すりを握っていて揺れがあった際に強く握る…重い荷物を持とうとして強く握る…などといった場面があれば、いつの間にか指輪がゆがんでいた…なんてことになっていることがあります。他にも、両手に指輪を付けていて、拍手した際にぶつけてしまう…テニスなどでラケットを強く握る…なんてことで変形してしまったという話もよく聞きます。
結婚指輪のデザインによっては、上記のような何気ない行動で指輪がゆがんでしまう危険があるので注意しましょう。

ジュエリーが汚れてしまう原因

最後は、大切な結婚指輪が、気づいたときには黒ずんでいた…輝きがなくなってしまった…なんてことになる原因です。元々綺麗な指輪だったのに、いつの間にか表面がくすんで美しさがなくなってきた…なんてパターンの多くは、普段のお手入れをさぼってしまい、指輪に汚れが付着してしまっているという場合が多いです。日常生活の中には、指輪に汚れを付着させてしまう原因がたくさんあるのです。
代表的な汚れの原因を以下でご紹介しておきましょう。

  • 身に着けるだけでも汚れは付着する
    あまりイメージがないかもしれませんが、ジュエリーというものは身に着けているだけで汚れが付着します。例えば、身に着けるだけで皮脂や汗が必ず付着してしまいます。そして、そういった汚れを放置してしまった場合には、黒ずみになって輝きを失ってしまうことになるのです。こういった汚れは、防ぎようがありませんので、使用後に小まめに拭いて汚れを落とすという習慣をつけましょう。結婚指輪でも、たまに外して汚れを落とすのがオススメです。
  • 化粧品やヘアスプレーも汚れの原因
    女性の方であれば、毎日メイクやヘアセットを行うのでしょうが、化粧品やスプレーに含まれる油分はジュエリーの汚れの原因となります。したがって、先にジュエリーを身に着けてから、メイクをするという方は、いつの間にかジュエリーに油分がたくさんついてしまうのです。ジュエリーの汚れを防ぐには、メイクがしっかりとなじんでから身に着けるようするなどの対策がオススメです。他には、食器洗いやお風呂の際に使用する洗剤や石鹸カスも汚れの原因となります。結婚指輪などは、水仕事もお風呂の時も着けたままにしているという方は多いですが、汚れを防ぐには外しておくのがオススメです。
  • 温泉は汚れの原因になる
    硫黄成分が含まれている温泉も注意が必要です。特にシルバージュエリーに関しては、硫黄に非常に弱いため、温泉に身に着けたまま入ってしまうと黒ずんでしまう…という可能性が非常に高いです。どのようなジュエリーでも、温泉に入る際には外しておくのがオススメです。

まとめ

今回は、日常生活の中に潜む、ジュエリーに傷をつけてしまう…汚れを付着させてしまう原因をご紹介してきました。この記事でご紹介したように、何気なく過ごしている毎日ですが、その中には大切なジュエリーの美しさを損ねてしまう原因がたくさん潜んでいるのです。特に、常に身に着けている方が多い結婚指輪に関しては、こうした汚れや変形の可能性が非常に高くなってしまうので注意しましょう。

電話で相談する
ご来店予約