ブログ

2016.06.21

ウエルカムボードの作り方

結婚式披露宴や二次会の顔とも言えるウエルカムボード。最近は手作りキットも充実し、自分たちでウエルカム
ボードを手作りし、写真や花などの材料で飾る新郎新婦が増えてきましたね。もし、手作りするのであれば、ボ

ードに載せる文字のデザインもウェルカムコメントもおしゃれに決めたいですよね!製作する際の、手順やコツ
をご紹介します。ウエルカムボードの作り方に特に決まりはありませんが、一般的にウエルカムボードに記載す

る内容として、・ウェルカムメッセージ・新郎新婦の名前・日付・式場の名前などをいれます。手順の1つ目は
、ボードに書くコメントを決めます。文字を英字で書く場合は、カリグラフィーと呼ばれるペンで描く装飾文字

を使って作ることが多いようです。手順の2つ目、ボードを額に収めます。用紙サイズより少し大きめの額を選
び、台紙の色も選んでその上に置くと見栄えの良いウエルカムボードを作ることができます。手順の3つ目、ボ

ードを会場に飾ります。式場の構造にもよりますが、ボードを置く場所があれば、準備完了です。また、結婚式
後に新居に飾りたいと考えているのであれば、そのことを想定した額の大きさを選ぶといいですね!

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE

RITOEはおふたりで指輪を作ることが出来る、手作り結婚指輪の専門店です。「世界にひとつの指輪が作りたい」「一生の想い出が作りたい」という想いを、ご一緒にカタチにしていきます。指輪を作ることはみなさま初めての経験なので、不安もあると思いますがご安心ください。プロの職人がマンツーマンでサポートしますので、知識や技術がなくとも、理想の指輪を作ることができます。おふたりにはチューブワックスというロウ材を使い、指輪の原型制作をおこなっていただいています。指輪の原型が完成しましたら、ここからはお任せください。プロの職人が一つひとつ丁寧に仕上げていきます。RITOEの手作り指輪は、プロと同じ方法で指輪を作り上げていきますので、手作りでも一般のジュエリーと比べて、強度が落ちることはありませんので、ご安心ください。おふたりが作った指輪が完成し、初めて手にする瞬間はとても感動的です。RITOEは手作り指輪を通し、モノづくりの魅力、手作りの温もり、完成の感動を広げていきたいと思っています。

電話で相談する
ご来店予約