結婚指輪の形状をご紹介 | 手作り結婚指輪のRITOE(リトエ) 東京・表参道工房

手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

2016.06.17

結婚指輪の形状をご紹介

結婚指輪はシンプルな形でありながら、形の違いによって印象が変わることをご存知ですか?代表的な形には、大きく分けてストレート、V字 、U字、S字の4種類があります。

今回記事では、代表格となる4種類の形状の特徴や魅力をご紹介します。

結婚指輪の形状

ストレート

スレートの結婚指輪は文字通り、指輪のラインが真っ直ぐであることを表しますです。

ストレートの形は、指輪の基本ベースとなっている他、最もシンプルなデザインであるため、アクセサリーに慣れていない男性でも抵抗なく身につけることができる形として人気があります。
また、シンプルというイメージが強い反面、ちょっとだけ手を加えることで、バリエーション豊かな雰囲気も作れます。
例えば、同じストレートの結婚指輪でも、角ばったシャープな形状ではカジュアルな印象、丸みを帯びた形状(かまぼこ型)では優美で落ち着いた印象と全く印象が変わってきます。

また、ストートはサイズ直しや新品仕上げなどのメンテナンスなども、対応しやすいデザインとしても、永く着ける結婚指輪におすすめです。

V字

シャープでスタイリッシュな印象なのがV字の結婚指輪です。V字はラインにくっきりと、V字で強調されるデザインによって、指先の印象が変わります。
また、指が太くて短い指の男性でも、指輪のデザインが深く落ちているため、指の付け根も深く見せるため、指をほっそりと長く見せる効果もあります。その他にも、V字は動きが強いため、視線がV字ポイント集まるため、指へのコンプレックスを軽減してくれる要素もあります。

U字

V字のりもゆるやかな形状が特徴的なのが「U字」です。
U字はラインが目立たないタイプでもあり、指が太くて気になるけど、角度のきついなデザインに抵抗があるという方には向いています。
また、ゆるい丸みのある曲線ラインが、優しい印象を与えてくれるので、特に女性の方に人気があります。

S字(ウェーブ)

指輪の形状の中でも、特に動きを見えるのがS字です。そのアップダウンする形状から、「ウェーブ」とも呼ばれることも多く、その曲線によって印象も少し変えることもできます。
ウェーブの結婚指輪はそのラインの印象から女性向きと思われることが多いようです。しかし、その曲線によって指や関節の太さを強調しない効果があり、実は男性にも向いている形なのです。
また、S字ウェーブの中でも特に人気があるのが指輪の表面に「ひねり」が入ったような演出を施したの入ったタイプです。
S字ウェーブに関してより詳しくご紹介している、「S字ウェーブデザインの手作り結婚指輪」是非そちら記事も参考にしてみてください。

最後に

大きく分けて4つの形状をご紹介しましたが、そのいずれの形状もテクスチャーなどを用いて表面の質感を変えることでまた違った可能性を持った素敵な形状たちです。
是非今回の記事を参考に、自分に合ったデザインを考えてみるきっかけになれたら幸いです。

電話で相談する
ご来店予約