結婚指輪と婚約指輪の違い | | 手作り結婚指輪・オーダーメイド工房のRITOE(リトエ)東京表参道

手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

2016.08.11

結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚指輪と婚約指輪の違いってご存知でしょうか。

ご存知の方は多いと思いますが、
ご存じでない方もいるはずなので、
その違いについてお伝えしていきます。

結婚するときに用意しなければ
ならない指輪が2種類あります。

結婚指輪と婚約指輪です。

婚約指輪は文字通り結婚の約束をした男女間で
男性から女性に対して贈られる指輪の事になります。

簡単に言うと約束した証みたいなものですね。

対して結婚指輪はペアリングになります。

結婚式で結婚の誓いをする時に指輪交換しますよね?

アレです。

婚約指輪が1つなのに対して結婚指輪は2つとなっています。

そうなると相場がどれくらいなのか気になるかと思います。

一般的には婚約指輪が平均で30万円程度。

一方、結婚指輪は10万円?15万円程度が相場とされています。

意外と婚約指輪の方が高いんだと驚いた方も多いのでは
ないでしょうか。

とはいえ、一生に一度の大切な記念の品であるのは
間違いないですからね。(一度であってほしいですけど)

じっくりと時間をかけて妥協せずに選ぶのが良いと思いますよ!

電話で相談する
ご来店予約