手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

2016.05.18

結婚指輪選びの参考に

指輪における指針となる「4C」とは。婚約指輪ではもちろん、結婚指輪でも使われているダイアモンドは、ブライダルに人気の宝石です。ダイアモンドには「カラット」や「エクセレント」などの評価基準があり、決して安い買い物ではないので、エンゲージ&マリッジリングの相場は気になりますよね。

そこで、婚約指輪選びの参考に、指輪における指針となる「4C」をご紹介します。ダイアモンドの品質を決めるものに、4Cというものがあります。カラット、カット、カラー、クラリティ(透明度)の4つで評価されます。

このなかでカラットが1番よく知られていると思います。カラット数が大きくなれば大きな宝石になりそれに伴い値段も高くなっていきます。

しかし、ダイアモンドの品質は先ほど述べた、4つを総合評価します。したがって、カラット数が大きいからといって必ずしも輝きの度合いが大きいものであるわけではありません。

反対にカラットが小さくても、カットによっては輝きの度合いは大きくなります。婚約指輪を、選ぶ際はよく商品を吟味して決めましょう。

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE
電話で相談する
ご来店予約