指輪のクリーニングってどうすればいいの? | | 手作り結婚指輪・オーダーメイド工房のRITOE(リトエ)東京表参道

手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

2016.06.01

指輪のクリーニングってどうすればいいの?

長年、肌に離さずに着けていると結婚指輪の汚れが気になってくると思います。そこでお手入れ方法を紹介していきたいと思います。

結婚指輪の素材はPt900やK18ゴールドなどの金属で出来ています。その金属は錆びたりしませんので、乾いた布で拭き取る程度のお手入れで結構です。

それでも落ちない曇りや汚れが気になる場合、指輪を中性洗剤を混ぜたぬるま湯につけ汚れを浮かせます。そのあとスポンジタワシなどを使って汚れている箇所を擦ってあげると大抵の汚れは落ちます。その後、十分にすすぎ柔らかな布で指輪についた水分を拭います。すると、元の輝きが戻ってきます。

デザインによってはスポンジが入らない時は、歯ブラシなどのブラシを使ってあげると良いでしょう。

重曹とアルミを使ったクリーニングの裏技もあります。まず熱湯に耐えられるコーヒーカップにアルミホイルと指輪を入れます。つぎに、重曹を入れ、沸騰した熱湯を注ぎます。するとぐつぐつと泡がいっぱいでますので、泡がでなくなるまで、しばらく放置します。泡がでなくなったら、指輪を取り出してください。そうすると指輪がキレイになります。

お店にお持ちいただければ、強力な超音波で洗浄致しますので、頑固な汚れも落ちます。

コキズやへこみなどが気になるようでしたら、手作り結婚指輪のリトエでは指輪のアフターメンテナンス永久保証ですので、無料で新品仕上げ致します。(デザインや加工によっては有料)

 

 

 

電話で相談する
ご来店予約