ブログ

2015.11.12

手作り結婚指輪の作り方?チューブワックス?

23

手作り結婚指輪・手作り婚約指輪の専門店RITOEでは、ロストワックス製法での指輪の作り方を採用しています。

そこで、指輪ができるまでの流れを説明していこうと思います。

まずは指輪を作る材料の紹介です。

写真に写っている緑の棒が材料となります。

チューブワックスと呼ばれ、ロウ素材です。

ろうそくのロウの様な素材なので、簡単に切ったり削ったりすることが出来、指輪作りが初めてでも扱いやすいところが特徴です。

RITOEでは緑色のチューブワックスを使っていますが、青や紫などいろいろな色の種類がありまして、それぞれことなった特徴があります。

例えば、硬さがちがったり粘り気が違ったりなどです。

RITOEで使っている緑のチューブワックスは、硬いのが特徴で粘り気は少ないです。

メリットは、割れるときに綺麗に割れるので、修正が簡単です。

粘り気が強いと割れづらいですが、綺麗に割れないで、ひびが入ったりするので、かえって修正が難しくなったりします。

シンプルな結婚指輪などのデザインは、緑が一番適していると思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約