手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

2020.01.15

よくあるジュエリートラブルの対処法。指輪が抜けなくなった時はどうする?

今回は、ジュエリー関連によくあるトラブルとその対処法についてご紹介したいと思います。

皆さんは、毎日身につけている指輪に関して、「ちょっときついかな?」と思いながらはめた指輪が抜けなくなってしまった…なんてことや、朝はすんなり入った指輪が夕方に外そうと思っても抜けなくなってしまった…という経験はありませんか?
実は、こういった『指輪が抜けなくなる』というトラブルは、ジュエリー関連のトラブルの中でも特に多く、SNSなどでも「指輪が外れない、助けて…」といったメッセージがつぶやかれていることは少なくないのです。こういったトラブルは、年齢に関わらず多くの女性を困らせてしまう問題となりますので、指輪が抜けなくなってしまった時の対処法は頭に入れておくのがオススメです。

そこで今回は、万一の時に焦らなくて良いよう、指輪が取れなくなってしまう主な原因や、その場合の対処法をご紹介したいと思います。

指輪が抜けなくなる原因は何?

それではまず、身につけていた指輪が抜けなくなってしまう原因についてご紹介しましょう。そもそも、身につけている指輪に関しては、はめる時には問題なく入っているわけですので、外れなくなるのはなぜだ…理屈に合わない…と不思議に思う人も多いでしょう。しかし、以外と単純な理由で指輪が抜けなくなってしまうことがあるのです。

指がむくんでしまう…

まずは、最も単純な理由で、「指がむくんで太くなってしまった…」というパターンです。これは、指輪が抜けなくなってしまうトラブルの原因として最も多いと言われています。夕方に仕事を終えて家に帰ると、足がむくんでしまって…なんて話はよく耳にすると思いますが、実は手の指というのは、足と同じように非常にむくみやすい場所と言われているのです。
特に女性に関して言えば、ホルモンバランスの変化がむくみにつながると言われており、妊娠中の方の多くは、むくみによってお気に入りの指輪が入らなくなってしまった…という経験をすることが多いと言われています。このようなむくみは、ホルモンバランスの変化によって、体内に水分をため込んでしまいやすくなることが原因だそうです。
他にも、アルコールの過剰摂取や食生活の乱れ、仕事などからくるストレスなどもむくみの原因と言われていますので注意が必要です。

体型が変わってしまった…

次は結婚指輪など、長年身につけていた指輪が外れなくなる…というパターンです。長年着用する指輪の場合、体型自体が購入当初と変わってしまい外れなくなる…ということが起こるのです。
このような場合には、昔購入したほとんどの指輪がきつくなっている可能性があるのですが、そういった物を無理にはめるのもあまりオススメできません。入るには入ったが抜けなくなってしまった…というトラブルは、きついと思いながら指輪をはめた…というパターンが多いのです。お気に入りの指輪であれば、素直にサイズ直しに出すのがオススメです。

指輪が抜けなくなった時の対処法は?

それでは、実際に着用した指輪が抜けなくなってしまった場合の対処法をご紹介していきましょう。抜けなくなった原因が異なれば、対処法も異なりますので、原因別にご紹介しておきます。

むくみが原因ならむくみを取る

指輪が抜けなくなってしまった原因が『むくみ』によるものであれば、むくみを取ってあげることが対処法となります。以下に代表的なむくみの取り方をご紹介しておきます。

  • グーとパーを繰り返す
    最も単純な方法がこれです。両手を前に突き出し、じゃんけんのグーとパーを繰り返し行う運動です。これを行うことによって、指の血行も良くなりますのでむくみが解消される場合があるのです。
  • むくみ解消のツボを押す
    これもむくみ解消方法として有名です。指のむくみは『合谷(ごうこく)』と呼ばれるツボを押すのが効果的と言われていますので、このツボを押してみましょう。場所は、親指の付け根と人差し指の付け根の延長線上にあるくぼみ部分です。このツボを、10秒程度優しく押して離すという行動を繰り返すことによって指のむくみが取れると言われています。

上記対策でも抜けない場合

指輪が抜けなくなってしまった場合で、上記のようなむくみ解消対策を行ったのにもかかわらず、どうしても抜けない…なんて場合は以下のような対策を試してみましょう。

  • 石鹸などで滑りやすくする
    石鹸やハンドソープ、食器洗剤などを使う方法があります。この手法は、指輪と指の間に泡が良く馴染むように泡立て、よく馴染んだらゆっくりと指輪を回しながら指先に向かって引っ張るという方法です。これで意外と簡単に抜ける場合が多いです。ちなみに、この方法は指輪を滑りやすくするための方法ですので、ハンドクリームなど滑りやすくなるものなら何でも構いません。ただし、宝石や金属の種類によっては、劣化を進めてしまう場合があるので注意しましょう。
  • 糸を使う
    この方法は、SNSなどでも良く出回っている方法で、非常に有名です。文字で説明するよりも、実際の方法を見た方が早いので、以下の動画を参考にしてみてください。

指輪が抜けなくなった場合には、上記のような方法を試してみましょう。
それでもどうしても抜けなくて、指が痛くなってきた…なんて場合には、ジュエリーショップや病院にすぐに相談してみましょう。この場合、指輪を切って外すことになるのですが、すぐに外してもらうことが可能です。なお、抜けなくなった指輪の対処は消防署でも行ってもらえるそうで、消防署に行けば24時間いつでも指輪を切断をしてもらうことが可能です。近くにジュエリーショップが無い…病院は大げさだし…なんて場合は、近くの消防署に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ジュエリートラブルの代表「指輪が抜けなくなって困った…」時の対処法をご紹介してきました。普段から何気なく身につけている指輪ですが、ちょっとした体調の変化などで指がむくんでしまい、いつもは簡単に抜ける指輪が全く抜けなくなってしまう…なんてことが起こるのです。特に女性に関しては、ホルモンバランスの関係もあり、むくみやすい人が多いので注意が必要でしょう。

実際に、指輪を取ろうと思った時に、全く抜けなくなってしまった…なんて場面に出くわすと、焦ってしまう人も多いことでしょう。しかし、本稿でご紹介したような、指輪が抜けなくなってしまう原因やその対処法を知っておくことで、落ち着いた対応ができるようになると思います。ぜひ、この記事でご紹介した内容は、頭の片隅にでも入れておきましょう。

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE
電話で相談する
ご来店予約