ブログ

2016.02.04

ダイヤモンド4CカラットCtについて

二人でお互いに結婚指輪を手作りできるお店の手作り結婚指輪RITOE『リトエ』がダイヤモンドの4Cについて色々説明してまいりましたが、今日でダイヤモンドの4Cについていよいよ最後の説明になります。

よく海外セレブや芸能人がダイヤモンドの婚約指輪を贈ったり贈られたりすると何Ct(カラット)とか取り上げられたりしますよね。Ct(カラット)とは大きさの単位だと思っているかたが殆んどだと思いますが、大きさの単位ではなく、じつは重さの単位なのです。

1Ct(カラット)はグラムで置き換えると0.2g(グラム)になります。一般的に、カラットが増すほど希少価値が上がりますので高価になりますが、前回もお話させて頂いたんですが、ダイヤモンドの価値はカラットだけで決まるわけではありませんが、ダイヤモンドは大きい程インパクトがあり、素人目でも高価なものと認識できますよね。

ちなみに世界最大のダイヤモンドの原石は3106カラットです。グラムに置き換えると621.2グラムになります。

大きければ良いってことでもないと思いますので自分の好み合った大きさで選ばれると良いと思います。

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約