ブログ

2016.03.03

10月の誕生石ピンクトルマリン

今日は10月の誕生石ピンクトルマリンについて書いていきます。

ピンクトルマリンの宝石言葉は無邪気・潔白・寛大・忍耐・友情です。見た目はとても綺麗なピンク色した宝石です。

和名は電気石といいます。ピンクトルマリンの名前の由来はスリランカ語のトルマリで「多くの意味を持つ」という意味です。硬度 は 7~7.5で産地はブラジル・アメリカ・タンザニア・マダガスカル・ロシアです。比重 は3.06になります。結晶系で三方晶系の光沢 はガラス状です。

トルマリンの特徴のひとつは色々なカラーバリエーションがあるところです。
さらに一つの石に2カラー以上のカラーがあるパーティーカラー、ウォーターメロンのように内側が赤色で外側が緑色の石、キャッツアイ効果 『シャトヤンシー効果』など特徴のある種類の宝石です。
ちなみにキャッツアイ『シャトヤンシー』効果とは宝石の表面に猫の目のような明るい白い光の線が、石を動かすと共に動いて見える変彩効果のことです。

また色によって呼び名も違います。ルーベライトはルビーの代用石として珍重される赤  ( ピンク ) 色のものです。シベライトは赤紫色です。インディゴライトはとても濃い青です。ショールは黒色不透明です。アクロライトは無色石、クロム・トルマリンは緑色でエメラルドに近い輝きを持ちます。

手作り結婚指輪のRITOE『リトエ』では、工房見学やデザインが決まれば、結婚指輪や婚約指輪の大体のお見積りがとれますので、お気軽にご来店ください。

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約