手作り結婚指輪で使うサイズ棒とワックスリーマー | | 手作り結婚指輪・オーダーメイド工房のRITOE(リトエ)東京表参道

手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

2016.02.27

手作り結婚指輪で使うサイズ棒とワックスリーマー

19

結婚指輪・婚約指輪を手作りするときに使う工具をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、指輪のサイズを広げていくワックスリーマーと、サイズ棒についてです。

まず写真の真ん中にあるドリルの様な工具ですが、こちらがワックスリーマーと呼ばれる工具です。

ドリルの様に刃がついていて、ワックスの穴を広げサイズを調整する工具です。

使い方はとても簡単で、ワックスの穴をグリグリ削っていきます。

内容はとてもシンプルなのですが、意外と難しんです。

力を入れて押し込んでしますと、刃が噛んで回んなくなってしまいます。

軽く押し込み、ワックスリーマーを時計回しに回すようにして、使っていきます。

ワックスリーマーは先が細く、奥に行けばいくほど太くなっていきますので、削りながら表裏を変えながら削っていくことが重要になります。

ある程度削れましたら、サイズ棒で正確に測っていきます。

指輪のサイズを合わせるときは、幅の中心が狙ったサイズにくるように、丁寧に合わせてきます。

※手作り指輪の流れはコチラ

電話で相談する
ご来店予約