1月の誕生石ガーネットについて1 | | 手作り結婚指輪・オーダーメイド工房のRITOE(リトエ)東京表参道

手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

2016.06.27

1月の誕生石ガーネットについて1

ひと口にガーネットといっても、実はさまざまな色があります。それぞれに名前がついてます。

ガーネットは宝石の中では比較的購入しやすい価格であることが多いので、いろいろ集めてみも楽しいかもしれませんね。

【アルマンディン・ガーネット】赤みが濃く、黒っぽい色のものがスタンダートですが、中にはピンク色に近いものもあります。角閃石(かくせんせき)などの内包物と砕けやすくエッジが欠けやすい性質が特徴的です。カボションカットによりスター効果がみられることがあります。

【パイロープ・ガーネット】鉄やクロムによって発色した、燃えるような赤色をもち、その名もギリシャ語で『炎』を意味します。ルビーの様な色をした良質な物は、アリゾナ・ルビーやケープ・ルビーとも呼ばれています。

【ロードライド・ガーネット】上の二つのガーネットの中間の性質で、紫がかった赤色のものをいいます。ロードナイトとはギリシャ語で『薔薇』を意味します。『Rhodo』と『石』の意味の『Lite』からきており、見る角度や場所によって、かすかに色が変化するのが特徴です。

電話で相談する
ご来店予約