ブログ

2015.11.20

手作り結婚指輪のロストワックス製法

手作り結婚指輪、婚約指輪の専門店RITOEは、東京の表参道にお店を構えています。

日々、世界にひとつの手作り指輪が生まれています。

実際指輪を作るときに気になるのが、具体的な指輪の作り方です。

そこで、様々ある指輪の作り方をご紹介したいと思います。

まずRITOEでの指輪作りですが、ロストワックス製法という、指輪の作り方を採用しています。

これは、ワックスというロウ素材を使い、ワックス原型を作ってから鋳造をしていくという方法です。

指輪を作ると聞くと、金属を叩いて作ることをイメージする方も多くいらっしゃると思います。

金属を叩いて作る方法は、鍛造という作り方です。

その他には、CADで作る方法もあります。

パソコン上でデザインを設計して作っていきます。

大きく別けると、ロストワックス製法、鍛造、CADが指輪を作る方法として有名な方法です。

次からは、RITOEで採用しているロストワックス製法での指輪作りを中心に、指輪を作る方法をご紹介していきたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約