ブログ

2015.11.24

手作り結婚指輪のつけ心地

手作り結婚指輪、手作り婚約指輪の専門店RITOEは東京都渋谷区にお店を構えています。

手作り結婚指輪では、おふたりが指輪を作ることが出来るので、世界に一つの結婚指輪が生まれています。

手作りはとても魅了的な反面、初めて指輪を作るということで、不安も多いと思います。

そこで今回は手作り結婚指輪の”つけ心地”について書いていきたいと思います。

つけ心地については、よく「手作りでも大丈夫ですか?」「つけ心地までこだわることは可能ですか?」など、お問い合わせが多く、皆様が気になるところだと思います。

一般的につけ心地がいいと感じる指輪は、指輪の内側をこだわっています。

指輪の内側のカドを丸くすることで、指輪に引っかからないようにします。

カドのない指輪は、滑らかに肌に馴染みます。

従来のつけ心地のいい指輪は、指輪の土側のカドを取った”内甲丸”と呼ばれる加工を施したものでしたが、近年ではさらにこだわったつけ心地も増えてきています。

よりつけ心地にこだわった結婚指輪については、次回書きたいと思います。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約