気になる手作り結婚指輪の強度について | | 手作り結婚指輪・オーダーメイド工房のRITOE(リトエ)東京表参道

手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

2015.11.28

気になる手作り結婚指輪の強度について

手作りで世界に一つだけの結婚指輪を作りたい!けれど、自分達は初心者だし、強度のしっかりした指輪が作れるかが心配…

多くの方が指輪作りの未経験者なので、強度に不安になるのも仕方ありません。
今回は、手作り結婚指輪の強度について考えていきたいと思います。

手作りは既製品と比べて強度は落ちる?

この問いに関しては、NOです!
手作り結婚指輪をやられている多くのお店が、既製品の指輪を作る時と同じ製法のロストワックス製法または鍛造製法を用いて、プロと指輪を作る時と同じやり方で指輪を作っております。
特に、ロストワックス製法を採用しているお店では、プロの職人が仕上げを担当してくれるお店がほとんどなので、必要上に心配することはありません。

しかし、プロの職人と初心者の方とでは、強度に関する絶対的な違いも勿論あります!
それは、指輪の強度に関する知識です。

つまり、強度のある手作り結婚指輪を作るために必要なのは、ちゃんとした知識と

強度に関する知識

指輪の強度については指輪の製法は大きく関係してきます。しかし、リトエではプロと同じ製法で作るために、一般のジュエリーと比較して強度が落ちるといった心配はありません。
製法の他に、指輪の強度に大きく関係してくるのが寸法です。
指輪を薄く作りすぎると、歪みや曲がったりなどの恐れが高まります。
ある程度の厚みを持って、しっかりした寸歩でお作りいただく方が、丈夫で末長くお使いいただける結婚指輪に仕上がります。
しかし、強度を心配して太くし過ぎると、指輪がゴツく見えてしまうこともあります。

おすすめの寸法

指輪のおすすめな寸法は、デザインによっても多少の異なりがあります。中央値のおすすめをお伝えさせていただきます。
指輪の厚み
指輪厚みは、1.3mm〜2.0mmに収まる厚みでお作りいただくのがおすすめです。
1.3mmを下回ると、日常生活でも何かしらで曲がってしまうリスクがあります。対して2.0mmを上回ると、何かを握ったりした時に
厚さで違和感や、ちょっとしたストレスを感じてしまう可能性があります。
中でも特におすすめな厚みは1.5mm、または1.6mmの強度とつけ心地に適した寸法です。

指輪の幅

幅は、お好みによって賛否両論がございますが、私達の主観的なおすすめをお伝えさせていただきます。
女性は、2.0mm〜2.4mm程で、男性は、2.6mm〜3.0mm程です。あくまでも、参考にしていただく寸法なので、重厚感のある太目がお好みの方は、4mm〜5mm程あっても良いでしょう。しかし、2mmを下回る細身の場合は、年齢を重ねていくにつれて華奢に感じてしまう可能性があるので、比較的しっかりした寸法でお作りするのをおすすめします。

寸法の価格の関係

手作り結婚指輪では、重さで値段を決めているお店がほとんどです。
そのため、寸法太くし過ぎると指輪が重たくなるので、主に希少性の高いプラチナや、ゴールドなどの貴金属を使用する結婚指輪にとっては、価格に影響を与えるので注意が必要です。

裏を返せば、デザインを細く軽くすることによって価格はお安くなり、一見お得なように感じらてしまいます。しかし、細くすることによって、指輪の強度も落ちてくことを忘れてはいけません。

電話で相談する
ご来店予約