ブログ

2015.11.21

手作り結婚指輪のロストワックス製法の流れ

25

手作り結婚指輪・手作り婚約指輪の専門店RITOEは東京の表参道にお店を構えています。

指輪の作り方として、RITOEが採用しているロストワックス製法について、深く書いていきたいと思います。

まずはじめに使用するのが、ろうそくのロウと同じような素材のチューブワックスを使用し、指輪の原型を作っていきます。

ワックスはロウ素材なので、ヤスリなどで簡単に削ることが出来ます。

ワックスで作った、指輪の原型が完成しましたら、専用の工場で鋳造を行います。

ワックスに湯道と呼ばれる、写真の指輪と指輪を固定している枝のようなものをくっつけて、ゴムの台に固定します。

容器でフタをしまして、その中に水で溶かした石膏を流し込みます。

石膏が固まりましたら、加熱してワックスを溶かして取り出します。

作った指輪の原型と同じ空洞が石膏の中に出来上がります。

その中にプラチナやゴールドなどの貴金属を流し込むと、作った指輪が金属に生まれ変わります。

湯道を切り離し、仕上げをすると指輪になるという流れです。

※手作り指輪の流れはコチラ

※手作り指輪の品質についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約