ブログ

2016.01.17

貴金属サイエンス~3人類が最初に発見した金属は金?

古代インドでは『金は不滅の象徴であり、その持ち主には長生きと子孫繁栄をもたらす』と言われていますし、古代エジプトでは、『金は神の肉』『王は死んで黄金になる』とされギリシャ神話では太陽神アポロンが金で月の女神アポロンが銀とされました。

これらをみると、金や銀が富の象徴という点では今も昔も変わらないんですね。

そしてそれが欲望をそそり、侵略を繰り返し国を滅ぼし、歴史を変えてきました。金探しに血眼になり、多くの人々が奴隷的な労働を強いられ、そこから採取された金は、王国や貴族、富豪の装飾、王の棺などに使われてきました。

日本の歴史でも、かつて『金山』『銀山』の争奪戦がありました。

このように量が少なく貴重なものなのに、どういうわくか人類が最初に発見した金属は『金』だったと言われています。

ちなみに、これまで発見された最大の自然金は約71キログラムで、オーストラリアのビクトリア州で発見されました。その塊から純金が約32キログラムとれました。

その富の象徴の『金』で結婚指輪をつくるのもロマンを感じますね。その場合は純金の輝きと強度を増したK22『22金イエローゴールド』がオススメです。

※リトエの貴金属についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約