ブログ

2016.01.22

貴金属サイエンス~4貴金属たる条件とは?

金属とは、ほとんどの方は錆びると思ってることでしょう。しかし錆びない金属もあるのです。それが貴金属といわれる金属の大きな要因の一つでもあります。

貴金属とは、科学的な安定性が高く、イオン解離しにくく、高価で資源的に貴重なものをいいます。簡単にいうと『錆びなくて、値段が高く、量がすくないもの』です。これに当てはまるものが金属の中でも貴金属と呼ばれるもので、これが他の金属との絶対的な違いとされています。加えて、他の金属と比べて重いというのも、特徴の一つと言えるでしょう。

その条件を満たす貴金属は8種類あります。それは、『金(ゴールド)』『銀(シルバー)』『白金(プラチナ)』『パラジウム』『ロジウム』『イリジウム』『ルテニウム』『オスミニウム』です。

貴金属は、その輝きを失わず、錆びないなどの特性から、アクセサリーや工業製品まで幅広く使われています。

世界でプラチナの消費量が多いのは、なんと日本なのです。

余談ですが、海外での結婚指輪の素材は金がポピュラーですが、ここ日本ではプラチナが人気です。

手作り結婚指輪リトエでは、プラチナ『Pt900』、22金『K22』、イエローゴールド『K18』、ピンクゴールド『K18GP』、ホワイトゴールド『K18WG』、グリーンゴールド『K18GG』の貴金属を取り揃えています。落ち着いた店内で実際に金属に触れたり結婚指輪のサンプルもご覧頂けますし、スタッフとデザインの打ち合わせなどもできますので、お気軽にご来店ください。

※リトエの貴金属についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約