ブログ

2016.01.23

貴金属サイエンス~5ーPt900ってなに?

アクセサリーをお持ちの方は、Pt900やK18、SV925とかの刻印を目にした事はあると思います。ない方は指輪の内側やネックレスの留め具を見てください貴金属を使用した場合何かしらの刻印があるはずです。

これは金属の純度を表しており、日本ではプラチナの純度は85%以上の物をプラチナと言っていますが、イギリスでは95%の物をいいます。また日本の場合は、プラチナが金より高級紙されています。

ルテニウム、ロジウム、パラジウム、オスミニウム、イリジウム、プラチナは『白金族6元素』といわれるもので、いずれも銀白色で、その性質も融点が高く、腐食しにくいなど、お互いよく似ており、このため、その活用範囲も似ています。

ちなみに、ロジウムは生産量が少ないため高価な金属で、パラジウムはプラチナに加えると溶融温度が下がり加工しやすくなるため、結婚指輪やペンダント。ピアス、イアリング、ネックレス、ブレスレットなどに使用されます。この加工比率、例えば、プラチナ90%・パラジウム10%のものを『Pt900』といい、プラチナ85%・パラジウム15%のものを『Pt850』と表記しております。

手作り結婚指輪のRITOEでは金属に非常にこだわっておりますので、強度のあるPt900のハードプラチナを使用しており、安心して一生つけられる結婚指輪です。

※リトエの貴金属についてはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約