ブログ

2016.02.12

5月の誕生石エメラルドについて

東京都渋谷区神宮前6-8-6にある手作り結婚指輪と手作り婚約指輪のお店、手作り結婚指輪RITOE『リトエ』では、誕生石について石名や石についての説明をしてきました。

今日説明する誕生石は、誰しもが知っているダイヤモンドと並ぶ知名度を誇る宝石、クレオパトラが最も愛したと言われている宝石、5月の誕生石『エメラルド』についてです。

5月の誕生石エメラルドは硬度7.5~8、鉱物学的にはアクアマリンと同じベリリウムを主成分とする緑柱石(りょくちゅうせき)で、色によって宝石名が変わります。クロムやバナジウムを含んで、とても綺麗なグリーン色をしており、クレオパトラが愛したことから『宝石の女王』と呼ばれております。

なお、クレオパトラは自分だけのエメラルドの鉱山を持っていて、エメラルドに囲まれながら優雅な生活を送っていたそうです。クレオパトラの美貌はエメラルドの力のおかげかもしれません。それはエメラルドをアイシャドーとして使用していて、目元を奇麗で神秘的な緑色にしていたからです。

もともとエメラルドには治療や治癒の力が宿ると信じられており、クレオパトラが目元にエメラルドを塗っていたことから、目に病気があったのかもしれませんね。エメラルドがここまで重宝され愛され続けてきた背景には、健康をもたらす力も大きな要素と言えます。

エメラルドの大きな結晶は稀で、ひび割れしやすいため、良質のエメラルドは希少価値があります。主な産地は採掘量の6割を占めるコロンビアです。その他にブラジル、ロシア、ザンビア、ジンバブエなどがあります。

エメラルドの石言葉は『夫婦愛』です。ダイヤモンドに次ぐ手作り結婚指輪で人気のある宝石です。

手作り結婚指輪のRITOE『リトエ』では、1粒1粒、自分たちの目で選別しているので、綺麗で上質なエメラルドだけをそろえております。なお、手作り結婚指輪や手作り婚約指輪について、お気軽にお問合せ下さい。

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約