ブログ

2016.02.09

婚約指輪(エンゲージリング)とはなに?

婚約指輪(エンゲージリング)とは、男性が女性に結婚を申し込むときに差し出す指輪です。スタンダードな婚約指輪はダイヤモンドがセンターにセットされたデザインのものです。婚約指輪(エンゲージリング)は結婚前は左の薬指につけます。結婚後はパーティや結婚指輪と重ねづけすることが多い指輪です。

婚約指輪(エンゲージリング)の一般的な相場は一昔前は給料の3カ月分と言われていましたが、今は30万~40万が多くその次に20万~30万が多い傾向です。手作り結婚指輪のRITOE『リトエ』での手作りの婚約指輪の平均の価格は25万円ぐらいです。もちろん金額が大切なわけではありませんので、やっぱり一番大切なものは、想いだと思います。手作りの婚約指輪には、金額以上の想いという付加価値があり、大好きな男性が想いを込めて作ってくれた婚約指輪を贈られて嬉しくない女性はいないでしょう。最高のプロポーズになることは、間違いありません。

手作り結婚指輪・手作り婚約指輪のRITOE『リトエ』では愛のこもった手作り婚約指輪を作る事ができます。相手方のサイズが分からなくても大丈夫です。理由は手作り婚約指輪のRITOE『リトエ』ではサイズ変更は無料でできます。デザインの打ち合わせやご予算など、お気軽にご相談ください。

※手作り婚約指輪のデザインギャラリーはコチラ

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

電話で相談する
ご来店予約