ブログ

カテゴリー :

2019.11.08

結婚指輪選びのNG事項!指輪選びに失敗しないためにおさえておきたいポイント!

婚約指輪や結婚指輪を選ぶのはなかなか大変な作業ですし、初めて経験することでもあるため「何をどうすればいいの?」と戸惑ってしまう人も多いことだと思います。もちろん、時間のかかる大変な作業だからと言ってテキトーに選ぶわけにもいきませんし、一生の記念となる結婚指輪などは「できる限り慎重に選びたい!」と考えるのは誰もが同じことだと思います。

そこで今回は、結婚指輪選びの際にやってはいけないNG事項について、いくつかのポイントに分けてご紹介していきたいと思います。先輩花嫁さんの中には、「もっとこうしていればよかった…」「あれは失敗だったかな…」と考えるポイントも多いようですので、経験者の視点から見た失敗例とプロの視点で見た場合のアドバイスを合わせてご紹介したいと思います。近い将来、結婚を控えているカップルの方がいれば、この記事でご紹介するポイントをぜひ参考にして、スムーズな結婚指輪選びを進めましょう!

ポイント① 何の準備もせずに下見に行くのはNG!

「結婚指輪選び!」と聞いて、皆さんはどのような行動を思い浮かべるでしょうか?多くの方は、「とりあえずショップに足を運びいろいろな指輪を見て決める!」という行動になるのではないでしょうか?

もちろん、最終的に指輪を購入するためにはショップに足を運ぶ必要があるのですが、「いきなり何も考えずにショップに突撃する」のはあまりオススメできません。なぜかと言うと、ブライダルリングを取り扱うショップには、本当に数多くの指輪が並んでおり、「どんな指輪が良いか?」などを何も考えずに足を運んでしまうと、数多くあるブライダルリングに圧倒されてしまい指輪選びどころでなくなってしまう…なんて人も少なくないのです。したがって、まずはネットや雑誌などで指輪をチェックし、「自分がどのような指輪が好みなのか?」をはっきりとさせておかなければいけません。そうすることで、好みの指輪を取り扱っているショップを探すこともできますし、ショップに足を運んだ際、明確に希望を伝えることができるようになり、指輪選びがスムーズに運ぶのです。

実際に、私たちプロの視点からしても、はっきりとした好みを伝えていただけると、お客様に対して正確なご提案がしやすいのも事実です。特に、ご来店予約時などに希望のテイストや、好みの指輪サンプルなどをご指定いただければ、お客様の好みに合いそうな複数の指輪サンプルを準備することができるため、指輪選びが非常にスムーズに進みます。これは、オーダーメイドで指輪を製作する場合も同様です。

ポイント② 複数の店舗で比較検討すべき!

指輪選びを始めた場合、もし最初に入ったお店で、ものすごく好みに合う指輪が見つかった場合、どうしますか?こういった場合には「すぐに購入したい!」と考える人も多いのですが、ここはちょっと冷静になって他のお店も回ってみることをオススメします。もしかすると、別のお店にはもっと気に入る指輪があるかもしれませんし、既製品やブランドにこだわらなければ自分だけのオリジナルリングを作ることもできるのです。
したがって、最初に入ったお店で、どれだけ気に入る指輪が見つかったとしても、即決するのではなく、いくつか他の店を回ってみましょう。いろいろ見た結果、「やはり最初に見た指輪がいい!」となった場合でも、より満足度の高い買い物になることでしょう。

結婚指輪は、非常に多くのブランドがありますし、既製品に拘らなければ自分だけのオリジナルリングを作ることが可能です。つまり、選択肢は星の数ほどあるわけですので、いくつかのお店を回って比較するというのはとてもいいことだと思います。ショップ側も「他のお店も見てみたい…」と言われれば、無理に引き止めるようなことはせず、再来店時にスムーズに話が進むよう品番を押さえておくなどの対応をしてくれるはずです。安心していろいろなお店を下見しましょう。ただし、あまり多くのお店を回り過ぎると、逆に印象がぼけてしまい選べなくなる人も存在します。指輪の下見をするときには、「1日で複数の店舗を比較検討する!」といった感じで短期集中にするのがオススメですよ。

ポイント③ 指輪の試着は必須!

指輪は『見た目が重要』なアクセサリーですね。しかし、見た目が気に入った指輪を実際に身につけてみると「なんか違う…」という印象になることも少なくありません。逆に、見た目ではあまり気に入らなかったものが、つけてみるととても素敵に思える…という場合もあるのです。したがって、指輪選びをするときには、実際にお店に出かけてみて、試着してみるという行動が非常に重要になると覚えておきましょう。最近では、ネット通販で簡単に指輪を注文できるようになっていますが、画像で見た時には気に入ったものが、実際に身につけてみるとイマイチ…という場合があるのです。他にも、結婚指輪は長く身につけていくものですので、実際の着け心地に違和感がないか確認しておきましょう。

指輪選びをするときには、自分の好みをひとまず抜きにして『シンプル・アンティーク・ゴージャス・フェミニン』のような異なるテイストの指輪を試着してみましょう。そうすることで、自分では気づくことができなかった似合う指輪のテイストが見つかることもあるのです。指輪の見た目の好みだけですべてを判断するのではなく、プロのスタッフが勧めて来る指輪も試着してみるのがオススメです。

ポイント④ 婚約指輪のことを忘れないで!

せっかくもらった婚約指輪がタンスの肥やしになっている…という方は多いですね。大切な思い出のある婚約指輪も、折に触れて身につけられるようにするには、結婚指輪との相性が大切で、結婚指輪と婚約指輪が重ね着けできるかがポイントになります。結婚指輪と婚約指輪の相性については、やはり試着してみて確認するのが一番ですので、結婚指輪選びをする際には、婚約指輪を身につけて行くということを忘れないようにしましょう。「婚約指輪は他のショップで購入したものだから失礼にならないかな…」などと不安に思う方もいるかと思いますが、そのような遠慮は不要です。

結婚指輪と婚約指輪の重ね着けを想定しているのであれば、婚約指輪を選ぶときにも「結婚指輪と重ね着けすること」を考えて選ぶのがオススメです。重ね着けして綺麗に見えるのは、どちらもストレートのラインになっているもので、さらに婚約指輪のダイヤモンドを支える石座が高いものほど綺麗に見えると思いますよ!

まとめ

今回は、結婚指輪選びに失敗しないためのポイントについてご紹介しました。結婚指輪選びは女性にとって非常に楽しみな一大イベントです。しかし、何も考えずに指輪選びを始めてしまうと、なかなか気に入る指輪に出会うことができず、指輪選び自体が苦痛な作業に感じてしまうようになる…指輪選びが原因でパートナーと喧嘩になってしまう…など、悲惨なことになる可能性もあるのです。

また、既製品の指輪をいろいろと見て回ったけど、どうしても自分の好みに合うものが見つからず、最終的に妥協して購入してしまうという人も多いことでしょう。しかし、結婚指輪は生涯を誓う二人のために非常に重要なものですので、細かな点でも我慢せずに身につけられるものを見つけるべきだと思います。オーダーメイドで結婚指輪を作る場合、細かな部分までこだわって『自分たちだけの指輪』を作ることが可能です。
「ブライダルリング=ブランド物」というイメージを持っている人が多いかもしれませんが、一生を共にする指輪ですので、細部までこだわった指輪を手に入れてみませんか?

2018.01.08

恋愛と結婚の違い

「恋は下心」「愛は真心」とよく言いますよね。(笑)
今回のテーマは恋愛と結婚の違いについて、です。
筆者の考えと皆さんの考えでは違うところもあると思いますので、「あーこんな考え方もあるんだ」と思って読んでいただければ幸いです。

では「恋愛」と「結婚」の違いとは何でしょう。

▼恋愛の始まりは顔で選ぶことが多い、結婚は「性格」で選ぶ
…どうですか?多くの人があるあるだと思うのですが(笑)
どっちかと言えば、やはり付き合っている恋人が、美男美女であれば良いですよね。
「そんなことない!」と言う人もいるかもしれませんが、若いうちは誰しもが1回はそうやって思うことでしょう。
性格も良く知らないまま、顔が良いと言うだけで付き合ってみたら、やっぱり思ってたのと違った。なんてこともあるのでは。

その点「結婚」は顔ではなく「性格」で選ぶ人がほとんどです。
これから何年先も一緒にいる相手ですから、おのずと重要になってくるのが「性格」ですね。
合わない人とはこの先を考えられない。
ありのままの自分を理解して、一緒に歩んでいってくれる人こそ「結婚相手」にふさわしいのではないでしょうか。

▼恋愛は相手の「いいところを見つける」結婚は「悪いところは目をつぶる」
恋愛は相手の良い所を見つけて嬉しくなったり幸せな気分になったりしますよね。
極論、嫌なところが多すぎたり、我慢できなかったりするとすぐに「お別れ」が出来てしまうのが恋愛。
ですが、結婚するとそうはいきません。
共同生活を送っているわけですから、相手の嫌なところも沢山出てきます。
でもそれを見つけるたびに「別れよう」は出来ないわけです。
では、ずっと我慢をしていけばいいのでしょうか?
…そうではありませんよね。お互いの悪い所も受け止めた上で、ここからどうしていけばいいか
しっかりと話し合い、解決することが大切なことになってくるのだと思います。

悪い所もそのままほっておけば、いつしか亀裂のもとになる。
せっかく想いあって結婚した2人ですから、それだけは避けたいですよね。
しっかりと向き合う時間をつくって、家族の時間を大切にしていくのが「結婚」なのではないでしょうか。

▼恋愛中は自分を1番大切にする。結婚は自分が2番目、3番目と二の次になる。
特に女性はそう思う方も沢山いらっしゃるかもしれません。
自分中心だった恋愛生活。自分の為に時間を使ったり、彼の為に時間を使ったり。
彼に可愛く思われたい為に自分の時間を使ってネイルやヘアーアレンジメント、ケアをしたり。
そんな時間から、結婚して旦那さんの為に色々したり、子どもが生まれると
「子どものためなら自分の時間や、やりたい事、自分を犠牲にできる」といった方も増えてきます。

「お母さん」って強いですよね。
どんな時でも子どもや旦那を第一優先で考えて動いてくれている。
「お父さん」も本当に毎日お疲れ様です。
家族の為に一生懸命働いてくれている。
「家族」は全員の協力があるからこそ、楽しい日々を過ごしていけるのだと私は思います。

また、愛する旦那や子ども、義実家もあるし、家族が増える。その事によって自分より大切な存在が増えるのが結婚だと考える方も。
愛する対象増え、より一層喜びを感じられるのは、結婚生活における幸せのひとつなのかもしれませんね。

2018.01.04

ペーパーアイテムを作ってみた(席札)

席次表を作ってから、今度は席札作りへ!
60人近い参列者へ向けて私は一生懸命フレームづくりへ!
新郎新婦にはもちろん、魂を込めてメッセージを書いてもらいました!!

席次表に使用したのは、消しゴムはんことひらがなスタンプ。
消しゴムはんこはとても有能で、自分の好きなマークが作れるし、スタンプの色を好きに使えます。
また、力の入れ具合で濃くも薄くも出来るので、自分が好きなように調整出来ます。
時間のある方は、絵具等で色合いを付けてもかわいいかもしれませんね〜。

今回は100均で購入したクラフトパンチを使い、ワンポイントを入れました。
そのワンポイントがまたとても可愛い出来になりました。

ペーパーアイテムは自分の手で作れるもの。
お時間がある人は是非、手作りをしてみてはいかがでしょうか。

今は業者さんに頼んでも、自分たちのイメージ通りのモノが出来る所が多いのだとか!
手作業が得意・不得意はありますが、やっぱり心のこもったメッセージをいただけると、嬉しいですね。

2017.12.31

ペーパーアイテムを作ってみた(席次表)

招待状を作り終え、しばらく期間を置いてから「次は席次表作りたいから〜」と招集をかけられました。
前回同様、気を付けたことは下記3つ。
・式場の雰囲気に合っているか
・読み手が読みにくくないか
・シンプルかつ可愛く出来ているか
もちろん大前提に、新郎新婦が気に入ってくれているか、も入ります。

席次表は招待状と違って、少し面白おかしくしたいと言った新郎新婦のお願いもあり、
出席される人の説明文を少し砕けたものにしました。
例えば「筋トレ大好き部長」や「楽しいこと大好き同期〇〇」等の一言を添えて、シンプルかつ見やすいような席次表を作成しました。

今回はマスキングテープを使用して、周りの装飾に。
1つのマスキングテープだとなんとなーく物足りなさがありましたが、5種類のマスキングテープを組み合わせて作ったので物足りなさはなくなったかな。と。

見ている人に楽しんでもらいたい。そういった2人の気持ちがこもった席次表。
出来上がりはとてもユニークなものになりました。
一番苦労したのは、丸めてまとめる時にリボンをチョウチョ結びですかね(笑)

2017.12.28

ペーパーアイテムを作ってみた

こんにちわ。
結婚ラッシュに飲み込まれ、結婚式アイテムを沢山作ってきました!
今回はペーパーアイテムについて!です。

全て手作り。可愛く出来たらいいなあ。と思っていましたが…なめていました。(笑)
これから2人で手作りしようと考えているカップルには一言いいたいですね。
「必ず2人でやりきること」「どちらか1人にまかせっきりはダメ」だと。(笑)

結果、とても楽しかったので問題はなかったのですが(^^)

まずは招待状!友達だけではなく、上司や沢山の目上の方々に配布するとても大切なもの。
今回はアルファベットスタンプ、消しゴムスタンプ、シール、リボンを駆使してシンプルな招待状を作成しました。

作成時に大切だと思った事は主に下記3つです。
・式場の雰囲気に合っているか
・読み手が読みにくくないか
・シンプルかつ可愛く出来ているか

今回は消しゴムをバラの形に削ることから始め、インクの色、乾いたか乾いてないかの判断、等
時間にも余裕があったので楽しんで出来ました!
でもこれも新婦と2人で協力出来たから。1人ではちょっと辛い作業になっていたかもしれません。
では、次は席次表へ続きます。

2017.12.25

ウェルカムドール

「ウェルカムドール」をご存知でしょうか?
ウェルカムドールとは、披露宴会場入り口や受付に飾られる
「新郎新婦の代わりに2人の大切なゲストをお迎えする」といった重要な役割を持つぬいぐるみ・人形のことです。
そういわれてみれば「あんなところにぬいぐるみ…あったなあ!」と思いだせる人も多いのではないでしょうか。

「ウェルカムドール」ってどんなものがいいんだろう…。
結婚式には色んなしきたりや決まり事があるので、困ってしまいますね。
でも、ウェルカムドールはどんなものでもかまいません!
2人の思い出のあるぬいぐるみ、人形。
また、思い出のあるぬいぐるみに少し手を加えてタキシードやウェディングドレスを着せるのも良いですね。
裁縫が得意なお互いのお母さんや家族、知人等にオリジナルのウェルカムドールを作ってもらうのも、一つの思い出になりますね。

ウェルカムドールは、結婚式の後、そのまま家の玄関に飾っている人も多くいます。
2人の思い出のぬいぐるみ。ここからまた、一緒に思い出をたくさん作っていきましょう?

2017.12.21

ブライダルフェアに行く前に…

「結婚したい!」そう思って式場を決める時、ブライダルフェア周りをすると思います。
ブライダルフェアに行く前に、押さえておきたいいくつかのポイントをご紹介しましょう。

・まずはお互いのあげたい結婚式のイメージを共有しておく
とても大切なのは、お互いのイメージを共有させておくこと。
例えば彼はシンプルな結婚式にしたい、でも彼女は派手な結婚式にしたい!
もうこの時点で話が食い違ってしまっていますよね。
式場を決めるにあたってはイメージがとても大切になってきます。
しっかりと話し合って、雰囲気が合致した式場のフェアに参加していきたいですね。

・何が1番大切か、優先順位を考える
お金、雰囲気、参列者…結婚式をあげるにあたって、沢山考えることがあると思います。
派手な結婚式をあげたいけど、自分たちで出せる予算をオーバーしている、こんな雰囲気で結婚式をあげたい!
等、自分たちの中での優先順位をしっかり決めていきましょう。
これは譲れない、ここは妥協できる、といった案を出していけば、結婚式場選びもスムーズにいくはずです。

2017.12.17

男性必見!結婚式のマナー

こんにちわ!今回は男性必見の結婚式のマナーです。
意外と知らないことも多いのではないでしょうか?
マナーを守って心の底からお祝いが出来るように!是非ご参考に。

・白やピンク、明るい色のスーツ等、新郎に被る可能性のある服装は控えましょう
式では新郎新婦が主役です。新郎より目立つ服装は控えましょう。
フォーマルスーツでは物足りない…といった方は、ネクタイや靴にアクセントを入れてみてはいかがでしょう。

・黒いシャツは暗いイメージをもっています。お祝いの席にはあまり相応しいと言えないのでなるべく控えましょう
絶対にダメ!というわけではありませんが、どうしても暗いイメージになってしまいます。
着ていく人も少ないかと思いますが、衣装選びの時点から省いておくのがいいでしょう。

・白が清潔!のイメージがあると思いますが、結婚式では白ソックスはあまり好ましくないようです。
フォーマルなら白でしょ!と思う方も多いかと思います。
筆者もそう思っていました。だって、今まで着てきた制服のフォーマルは白ソックス…。
結婚式にはミドルの黒ソックスが基本となるそうなので、気を付けましょう。

・スーツは会社に着用していっている物ではダメ!!
いくらスーツだからと言って、普段会社に着用していっているスーツやネクタイ、靴等で結婚式に出席するのはマナー違反となります。
結婚式は「フォーマルな場」ですので、ビジネススーツが完全にNGではないですが、普段とフォーマルな場の差をつけるといいのではないでしょうか。

・黒色のネクタイはNG!
黒色のネクタイは一般的に弔辞の際の正装とされています。ですので、無地でなく柄が入っているものでもNGです。
ワンポイントでアクセントをつけるのであれば、少々派手なネクタイでもいいかもしれませんね!!

ネクタイも、一般的なネクタイにするのではなく、柄のついた派手なものや蝶ネクタイにする人も増えてきています。
蝶ネクタイもハンドメイドで作ったり、個人店で買ったり、個性的な物も沢山ありますね。
ワンポイントでおしゃれする男性は、女性にとってとても魅力的!

お祝いの場で嬉しい出会いがあるかもしれませんね!

・気を付けよう!意外と知らない靴のマナー
フォーマルな場での靴の色は黒がいいとされていますが、絶対的に黒でないといけないといったものではありません。
「平服で」と指定のある結婚式や、カジュアルなパーティーなら、少しおしゃれをして茶色系の靴でも良いかもしれませんね。
また、結婚式のフォーマル靴は「靴紐がついたものが良い」とされています。
少し足元からおしゃれをしたい人は、エナメルの靴でも良いとされています。

動物の皮や、わに革等を使った靴は縁起が悪いとされているのでNGです。
また、メダリオンデザインはおしゃれではありますが、カジュアルすぎるので控えた方が良いでしょう。

スピーチや壇上に立つ人は得に靴を見られるもの。
おしゃれは足元から。また、足元からその人の人格がわかるとも言われています。
しっかりと決まりを守り、足元からかっこよく!2人を祝福してあげましょう。

2017.12.14

「親」が「子ども」の婚活!?

「婚活」って本人同士が言って、気があった人とお付き合いが続いていく…。
そういうものだと思っていましたが、最近は「親」が婚活に行って、子どもの結婚相手を探してくる、といった事もあるようです。
「仕事が忙しくて出会う暇がない」「そろそろ結婚適齢期なのに相手の気配がない」
様々な心配事を親心でしてくれています。その結果、お見合いよりも確実に自分が相手の事を知ったうえで紹介できる
といった事があり、婚活に参加される方も多いのだとか。

親の直感と言うのでしょうか。ビビビッと来た人には声をかける方が多いそう。
確かに、結婚相手を先に親に探してもらって、最初から親と相手が楽しそうにしてるのって、とてもいいことですよね。
紹介した時に「どうかな」「仲良く出来るかな」とひやひやする気持ちもなくなります。

ただ、第一のファーストイメージが親からの情報になるので、良しも悪しも親頼みなところはありますね。
また、親の婚活には怖い落とし穴もあるそうで…。
それはまた次回に続きます。お楽しみに!

「親」が婚活にいって陥る怖い落とし穴とは。。
ちゃんとした婚活パーティーに行っていれば、そんなことはほぼないのですが
無料の婚活パーティー等に行ってしまうと、オレオレ詐欺ならぬ「婚活詐欺」にあってしまう可能性も高いのだとか。

また、こどもに内緒で行くので詐欺にあったことも言えずに泣き寝入りする人もいるそうで…。
子どもを思っての事ですが、やはり少し後ろめたい気持ちもあるのでしょうね。

昔と違って今は晩婚化。いくら親に「心配するな」と言っても心配はしてしまうもの。
ただ、余計な被害と言いますか、避けて通れる被害があるのであれば、なるべく避けたいですよね。
もちろん、お母さまが紹介してくれた婚活者の方と結婚された人もいます。
十人十色です。人それぞれ、みんな好みもタイプも違いますもんね。

親に感謝の気持ちを伝えつつ、結婚はまだいいや、と思っている人は
・今はこの生活が充実している
・自分の人生のステップアップに時間を作りたい
・自分の直感を信じて結婚したいからもう少し待ってて

等、安心してくれる声掛けを常日頃しておくことが良いかもしれませんね。

2017.12.14

結婚のイメージが出来ない?

こんにちわ。皆さんは結婚についてイメージが出来ていますか?
未婚の女性の中には「結婚」に対してのイメージがとれない方も多いのだとか。
周りから聞くネガティブなイメージが先行してしまって、
それなら独身でもいいかな、と思ってしまう人も多々いるそうです。

また、バリバリのキャリアウーマンであれば、仕事を辞めて「専業主婦」といったイメージも難しいかもしれません。
今まで自分の時間を好きなように使っていたのに、他の人の為に使うなんて…。
と考える人も多いようです。
ですが、最近は幸せな家庭のドラマや漫画も多く世に出てきているし、家事を手伝ってくれる男性も増えています。
好きな人と一緒に過ごす時間は幸せなもの。
パートナーがいる人は、少しずつパートナーと話し合って、この時はあーしたい、こんな時はどうする?等
これから一緒に過ごしていくにあたって、話をしていけばいいのではないでしょうか。
漠然とした未来より、より現実的な未来の方が、イメージしていきやすいのではないか、と思います。

パートナーと具体的な話をする事で、より現実味を帯びてくる結婚。
イメージと現実は違うという事は100も承知ですが、じゃあ!もう結婚しよう!と直ぐ言えないし、そんな気持ちにならないのが現実。
では、結婚に1歩近付く為にはどうすればいいのでしょうか?

もし、どちらかが1人暮らしをしているのであれば、1回疑似体験をしてみてはいかがでしょう?
最初はどちらも気を使って時間を合わせてしまうかもしれません。
ですが、結婚生活を長く続けるとだんだん難しくなってくるもの。
もちろん生活リズムを合わせることはとても大切ですが、一度自分のライフスタイルとパートナーのライフスタイルが
どのようなものか。経験してみてはいかがでしょうか。

体験することで、お互い改善することも出てくると思いますし、またこれからどうやって過ごせばいいかも見えてくるはず。
結婚前の「結婚生活疑似体験」とっても重要だと思います!

手作り結婚指輪の専門店RITOEが綴るブログ

つくり手であるプロの職人が綴る、数々の結婚指輪・婚約指輪に関するエピソードです。手作りした指輪のご紹介、指輪作りの技法や素材の様々、または結婚そのものに関する日常の様々について記しております。

世界に一つをふたりで!手作り結婚指輪の専門店RITOE
電話で相談する
ご来店予約