宝石 | 手作り結婚指輪のRITOE(リトエ) 東京・表参道工房 - Part 2

手作り結婚指輪・オーダーメイドのRITOE(リトエ)のブログ

カテゴリー :

2016.02.18

8月の誕生石ペリドットについて

今日は8月の誕生石ペリドットについて書いていきます。みなさんペリドットという宝石をご存じですか?とてもマイナーな宝石なので、知らない方が殆んどだと思います。

ペリドットとは橄欖石(かんらんせき)の宝石名で橄欖石(かんらんせき)は主に黄緑色をした苦土橄欖石(くどかんらんせき)からできています。橄欖石(かんらんせき)を英名でオリビンといいますが、これはオリーブの実に由来します。オリーブを『カンラン』という植物と間違えた明治時代の学者により、現在までの橄欖石(かんらんせき)という和名が使われています。

紅海のサバルガード島からは良質の結晶が産出し、古代エジプト時代では『太陽石』として珍重されていました。現在では苦土橄欖石(くどかんらんせき)は融点が1900度近くあることから、鋳型用砂などの耐火物に利用されています。

手作り結婚指輪のRITOE『リトエ』では、ブライダル専門店ですので、苦土橄欖石(くどかんらんせき)の結晶の中でも緑色で透明度の高いものだけをカットして宝石のペリドットとして使用しております。

ペリドットの石言葉は夫婦愛です。結婚指輪では数ある宝石の中でも人気のある宝石です。

手作り結婚指輪や手作り婚約指輪に関してのお問合せはお気軽にお問合せ下さい。

2016.02.15

7月の誕生石ルビーについて

今日は7月の誕生石をルビーを紹介していきます。ルビーはコランダム『鋼玉(こうぎゃく)』の宝石名です。赤を意味するラテン語の『ルベルス』に由来し、不純物としてクロムが含まれて濃い赤色になったものを示しております。アルミを含んで青色になったものはサファイアになります。

主な産地はミャンマーやインドになり、特にミャンマーのモゴックで採れます。『ピジョンブラッド(ハトの血)』は最高級品と言われ、深みのある赤ワイン色をしております。

ルビーの価値を評価する第一条件は、色の濃さにあります。さらに、にごり(インクリュージョン)がなく、透明感があり、濃淡のバランスに優れているほど、宝石としてのルビーの価値が高まります。

ルビーは世界で初めて人工の宝石になった鉱物です。1891年にフランスのベルヌーイが合成に成功し、現在は自動巻きの腕時計やDVDのレーザー光線の光源などに合成ルビーが活用されています。

表参道で結婚指輪を手作り出来るお店の手作り結婚指輪RITOE『リトエ』では、7月の誕生石ルビーを一点一点プロの職人が顕微鏡を使って上質なものだけを選んでおります。お店の見学や手作り結婚指輪、手作り婚約指輪のお見積りもとれますので、お気軽にご来店ください。

2016.02.14

6月の誕生石ムーンストーンについて

6月の誕生石ムーンストーン和名『月長石(げっちょうせき)』について説明していきます。

ムーンストーン和名『月長石(げっちょうせき)』は、カボション・カットというカット方法を施すことで青色や白色の神秘的な輝きを放つことからをムーンストーン和名『月長石(げっちょうせき)』とよばれるようになりました。

青色のシラー効果をもつものを『ブルームーンストーン』と呼びます。これは、スリランカで稀しか産出できない為、淡い青色の『ブルームーンストーン』は希少価値が高いです。インドなどで産出される月長石もブルームーンストーンと呼ばれるようになったため、特にスリランカ産の青色のシラーがでる美しいムーンストーンを『ロイヤルブルームーンストーン』と呼ぶようになりました。オーストラリアで産出されているものは、透明感が高く青く美しい光を放つため『アデュラリアンムーンストーン』と呼ばれています。

その他に、レインボーに光を放つムーンストーンがあり、これを『ムーンストーンレインボー』があります。さらに青色の光があると『ロイヤルブルームーンストーンレインボー』となります。

6月の誕生石ムーンストーン和名『月長石(げっちょうせき)』の石言葉は「純粋な恋」です。

手作り結婚指輪のRITOE『リトエ』では1粒1粒プロの職人が宝石を選別して上質な宝石だけを取り揃えています。お店の見学や料金のお見積りなどだせますので、お気軽にご来店ください。

2016.02.12

5月の誕生石エメラルドについて

東京都渋谷区神宮前6-8-6にある手作り結婚指輪と手作り婚約指輪のお店、手作り結婚指輪RITOE『リトエ』では、誕生石について石名や石についての説明をしてきました。

今日説明する誕生石は、誰しもが知っているダイヤモンドと並ぶ知名度を誇る宝石、クレオパトラが最も愛したと言われている宝石、5月の誕生石『エメラルド』についてです。

5月の誕生石エメラルドは硬度7.5~8、鉱物学的にはアクアマリンと同じベリリウムを主成分とする緑柱石(りょくちゅうせき)で、色によって宝石名が変わります。クロムやバナジウムを含んで、とても綺麗なグリーン色をしており、クレオパトラが愛したことから『宝石の女王』と呼ばれております。

なお、クレオパトラは自分だけのエメラルドの鉱山を持っていて、エメラルドに囲まれながら優雅な生活を送っていたそうです。クレオパトラの美貌はエメラルドの力のおかげかもしれません。それはエメラルドをアイシャドーとして使用していて、目元を奇麗で神秘的な緑色にしていたからです。

もともとエメラルドには治療や治癒の力が宿ると信じられており、クレオパトラが目元にエメラルドを塗っていたことから、目に病気があったのかもしれませんね。エメラルドがここまで重宝され愛され続けてきた背景には、健康をもたらす力も大きな要素と言えます。

エメラルドの大きな結晶は稀で、ひび割れしやすいため、良質のエメラルドは希少価値があります。主な産地は採掘量の6割を占めるコロンビアです。その他にブラジル、ロシア、ザンビア、ジンバブエなどがあります。

エメラルドの石言葉は『夫婦愛』です。ダイヤモンドに次ぐ手作り結婚指輪で人気のある宝石です。

手作り結婚指輪のRITOE『リトエ』では、1粒1粒、自分たちの目で選別しているので、綺麗で上質なエメラルドだけをそろえております。なお、手作り結婚指輪や手作り婚約指輪について、お気軽にお問合せ下さい。

2016.02.08

4月の誕生石ダイヤモンドについて

4月の誕生石ダイヤモンドは結婚指輪、婚約指輪、ジュエリーには欠かせない宝石ですね。

硬度10で地球上で最も硬く、最も美しい宝石になり。主に南アフリカで採掘され、カットされたダイヤモンドは4つの評価(4C)により価値がきまります。

ダイヤモンドの4つの評価(4C)については1月30日~2月4日のブログで書きましたので、ご興味ある方は、是非読んでください。

その他にカラーダイヤモンドがありまして、中でも最も希少性や価値のあるカラーダイヤモンドはピンクダイヤモンドとブルーダイヤモンドです。1カラット以上の大粒の天然ピンクダイヤモンドは、年間で数十個くらいしか採掘されません。2~3カラットクラスになると数個採掘されればいいほうです。なので、大変希少価値があります。
採掘量の少ないこともあり、世界的な人気が高まってます。その為、毎年高騰しております。

とても色鮮やかで状態も良いピンクダイヤモンド(59・60カラット)が、スイスのジュネーブで競売に掛けられ、約7630万スイスフラン日本円で約83億円で落札されました。競売大手サザビーズによると、ダイヤとしては過去最高額です。

手作り結婚指輪RITOE『リトエ』では、良質なカラーダイヤなどの取り扱いできます。お気軽にお問い合わせください。

2016.02.07

3月の誕生石アクアマリンについて

手作り結婚指輪専門店RITOE『リトエ』のブログは本日も引き続き誕生石について、お話させて頂きます。3月の誕生石はアクアマリンです。

アクアマリンっていう宝石は『海の石』の名が示す通り、鉄を含んで透き通った淡い水色をしている緑柱石です。主に花崗岩ペグマタイトの空洞で生成されるため、エメラルドより比較的大きな結晶が見つかります。したがって、安く入手しやすい石です。宝石用にカットされたアクアマリンの中でも最高級の宝石は『サンタマリア・アフリカーナ』といい濃い青色をしていて、とても美しい宝石です。

アクアマリンの硬度は7.5~8で、鉄(Fe2・Fe3+)を含んで緑青色になった緑柱石です。宝石になる緑柱石はほかに、鉄(Fe3+)を含んで黄色のヘリオドール、マンガンを含んでピンク色のモルガナイト、無色のゴッシュナイトなどがあります。

古くから幸せな結婚生活をもたらしてくれる宝石といわれていて、結婚指輪に入れる方が多いです。

手作り結婚指輪・手作り婚約指輪表参道店RITOE『リトエ』では上質な誕生石を揃えております。見学とかも出来ますので、お気軽にご来店ください。土日は込み合う場合もございますので、電話、メールにてお問い合わせください。

2016.02.06

2月の誕生石アメシストについて

2月の誕生石はアメシストという紫色したとても美しい宝石になります。和名で紫水晶といって数ある水晶の中でも高く評価される水晶で硬度7になります。

アメシストは(紫水晶)は、ケイ素の一部が鉄イオン(Fe3+)に置き換わったものです。主な産地はブラジル、ウルグアイ、メキシコになります。

アメシストは熱を加えると黄色になることから、処理石のシトリン(黄水晶)をつくる事ができます。天然のシトリンは希少なうえに良質なものが少ないためです。手作り結婚指輪専門店のRITOE『リトエ』で使用するシトリンは天然のシトリンを使っております。

アメシストの仲間はアルミニウム・イオンを含んで天然の放射線を浴びたスモーキークオーツ(煙水晶)や超微細な含有ルチルの粒が光を散乱させて発色しているととされるローズクオーツ(紅石英)があります。

アメシストの石言葉は『誠実・心の平和・高貴・覚醒・愛情』です。

二人で手作りする結婚指輪のRITOE『リトエ』ではアメシストを自分たちの目で一粒一粒顕微鏡を使って選別しており、上質な良いものだけを使っております。

手作り結婚指輪や手作り婚約指輪についてお気軽にお問合せください。

 

2016.02.05

1月の誕生石ガーネット

みなさんご自身の誕生石はご存知ですか?科学的な根拠は全くないんですが、古くから石には不思議なパワーがあるとおもわれていて、自分の誕生石を身に着けると魔除けやお守りみたいな効果があるといわれています。

1月から12月までの誕生石を紹介していきたいと思います。まずはじめに1月の誕生石を説明もかねてご紹介します。

1月の誕生石はガーネットというワインレッド色をした美しい宝石です。

硬度は7~7.5で主な産地はインド・ブラジル・マダガスカル・タンザニア・スリランカ。比重は3.6~4.2、結晶系は等軸晶系光沢のガラス状です。

ガーネットは成分によって約14種類に分けられている石榴石(ざくろいし)グループの宝石名で英名の語源もザクロの果実に由来するものです。

石榴石の色は石に含まれる鉄、マンガン、クロムなどによって決まります。

古くからヨーロッパでは、ガーネットは夫婦・恋人が末長く愛情に満たされた関係でいられるためのお守りとして使われていたそうです。

手作り結婚指輪RITOE『リトエ』では、手作り結婚指輪の表面や内面に誕生石を入れることができます。手作り結婚指輪、手作り婚約指輪のサンプルも沢山ご用意しておりますので、お気軽にご来店ください。

電話で相談する
ご来店予約